つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年6月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【15日~19日】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

米国のカリフォルニア州やフロリダ州など8つの州で、新型コロナウイルスの感染者数が急増し「過去最多」となりました。都市封鎖や外出自粛が解除された事で3密の機会が大幅に増えた事が原因となっており、加えて気温上昇による暑さからマスクを着用しない人も増えているため感染者がうなぎのぼりです。

 

これは流石にマズいと判断したカリフォルニア州は、6月18日から外出の際はマスク着用を義務付けました。しかし行動制限が緩和されたメリケンパリピは「夏のビーチでマスクをしろって?隠すところが違うだろマイケル!HAHAHA!」とこれをガン無視。いやぁお国柄が出てますね。これはもう第二波待ったなしだわ。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年6月15日~19日)

FOMC後の急落から即座に反発したS&P500

f:id:hayachinense:20200620234614j:plain


15日は米連邦準備理事会(FRB)の社債購入プログラムに関する発表で、米国株式は上昇。先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に3200ポイント付近から急落して3000ポイントを割ったS&P500は、一旦の反発で事なきを得ました。新型コロナウイルス第二波の懸念で不安定だった株式市場は、16日から実施されるFRBの米企業発行の社債買い入れが好感となり、FRBの債券市場テコ入れが上昇の支えとなりました。

 

16日の米国株式市場は続伸です。トランプ大統領が経済対策の1つとして、1兆ドルのインフラ計画を準備しているとの報道が好感され、株価は先日に続いて上昇しました。また英国で、呼吸補助が必要なコロナ感染者の回復に、ステロイド系抗炎症薬「デキサメタゾン」が効果大との報道を受け、市場の好感は更に高まりました。着々とポジティブなニュースが増えてきており、早期景気回復が期待されています。

 

17日は新型コロナウイルスの新規感染者が6つの州で急増した事を受けて、第ニ波の懸念が強まり米国株式は軟調な値動きとなりました。S&P500は11セクターのうち8セクターが下落となり、特にエネルギーセクターと金融セクターの下げ幅が目立ちました。米連邦準備理事会(FRB)は第ニ波に備えて更なる経済支援が必要との見解を示しており、長期臨戦態勢で今後は臨んでいく模様です。

 

18日は前日のジワ下げからレンジ内で小幅な動きとなり、様子見ムードとなりました。経済活動再開後に新型コロナウイルスの感染者が急増していますが、トランプ大統領は再び都市封鎖をする気はないと強気な発言をしています。経済指標である新規失業保険申請件数は150万8000件と前週から約6万件ほど減少しましたが、依然としてコロナショック前に比べて高水準ですね。景気は回復傾向にありますが、ここから先は方向性を見極めるための材料が必要と分析されており、上値は重いと判断されているようです。

 

19日はアップルがフロリダ州、アリゾナ州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州の11店舗を一時閉鎖すると発表した事で、S&P500は軟調な動きから再び下落基調となりました。アップルの今回の行動が他企業にも連鎖するのではないかという懸念が市場を不安にさせ、週末のリスク回避と合わせて売りが先行となりました。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は微上昇

f:id:hayachinense:20200620235447j:plain


6月第3週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、先週のやや大きめな下落から持ち直す形で週末を迎えました。市場は新型コロナウイルス第二波の懸念と、経済活動再開による景気回復への期待が交錯しており、現時点では明確な方向性がわからない状態です。大きな上げor下げ材料がでないと、暫くはダラダラな動きをしそうです。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  6/15 6/16 6/17 6/18 6/19
基準価額 11,151円 11,252円 11,469円 11,367円 11,391円
前日比 202円 101円 217円 -102円 24円
純資産総額 1,072億円 1,085億円 1,113億円 1,109億円 1,115億円
前日比 18億円 13億円 28億円 -4億円 6億円

基準価額は先週から+442円の上昇、純資産総額は+61億円の流入です。先週の下げから反発してはいますが、上昇の勢いは弱くなっています。来週の懸念事項としては、アップルの店舗閉鎖が他企業にどれくらい影響を与えるか?でしょうか。コロナ感染拡大が再熱して経済活動がまた停止してしまうと、待っているのは不幸な未来しかありません。ガクブル。

 

 

まとめ

今週はちょびっと上昇したので、トータルリターンは「+9630円」でした。今更気が付いたんですけど、積立6ヵ月目で取得総額が「200001円」てなんかおかしいですね。確か1ヵ月目に手動で33337円入れて、その後自動積立で33333円ずつ入れているので、6ヵ月目だと200002円のはずなんだけどなぁ。12ヵ月目でぴったり40万円になる予定だったのに、このままだと399999円になってしまうような。なんか気持ち悪いので、どっかで1円足さなきゃ。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200613165804j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200621000219j:plain