つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年5月第2週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【4日~8日】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

武漢市民が感染に気づかず春節連休前に海外へ旅行にでかけた事で、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を引き起こした。よって中国は「賠償」するべきである。

 

4月下旬に米国のミズーリ州は中国を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしました。トランプ政権も「中国は許さん、絶対にだ」と報復措置を検討中。欧州も「賠償額は先進国7ヵ国分で最低4兆ドル(約425兆円)だから覚悟しておけ」と激おこです。賠償の動きは欧州や米国だけでなく、インドでは20兆ドル、ナイジェリアでは2000億ドルと世界中の国が次々に中国へ賠償請求を始めています。

 

一方中国は「世界的な疫病の発端はほとんど米国アル!でも米国に賠償求めた国はないアル!だから中国に賠償を求めるのはおかしいアルヨ!」と持論を展開。今や世界中の国々が中国に対して敵意むき出しだと言うのに、お前、もしかしてまだ自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?とりあえず賠償金でS&P500買っとけよ?

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年5月4日~8日)

S&P500は上昇開始

f:id:hayachinense:20200509205145j:plain

 

4日のS&P500はハイテク株の買いや原油価格上昇により反発。マイクロソフトやアップルなどの決算が好感され買いが先行、S&P500を押し上げました。しかし同日にバフェットさんがバークシャー・ハサウェイの株主総会で保有する航空株を4月に全部売却したと発表。新型コロナウイルスの影響は投資の神様であるバフェットさんでも読み切れず、多額の損失を出した事を素直に認めていました。バフェットさんに無理ゲーって言わせるくらいコロナショックはヤバかったわけですな。


5日は米国の一部の州で経済活動が再開されたり、新型コロナウイルス治療薬の前向きなニュースが市場の懸念を和らげ続伸しました。製薬のファイザーやリジェネロンが相次いで治療薬の臨床試験を開始する事を発表し、ギリアドの「レムデシビル」に続く新薬が期待されています。アナリストも「米国の状況は緩やかに改善していく」とポジトーク全開です。そういうフラグいらんから!

 

そんな6日はフラグが発動して下落しました。全米雇用報告によると雇用者数は2000万人超えの減少となっており、業務停止によりやむを得ず雇用を削減した結果が如実に表れてしまいました。減少数は過去最悪で、8日の雇用統計を前に嫌なムードが漂っています。人件費のコストカットは企業にとって有効ではありますが、経営破綻を先送りに
しているだけにすぎないかもしれませんね。

 

7日は前日の下落から反発。オンライン決済サービスのペイパルは、外出自粛によるネットショッピングの需要から14%の急上昇となりS&P500を押し上げました。一方、新規失業保険申請件数は319万件と先週に引き続き高い水準であり、下げ材料になるかと思われましたが市場はあまり関心を示しませんでした。むしろ今でなく今後どうなるか?の方が重要みたいですね。

 

8日は米雇用統計が発表されました。非農業部門雇用者数は前月から2050万人の減少、失業率は「14.7%」と戦後最悪の結果となりました。しかしS&P500は全11部門が全てプラス圏で取引を終了しており、経済指標を完全にスルーです。必要なのは「新型コロナウイルスに関する情報」であり、雇用統計はわかりきっている事なので割とどうでもいいというスタンスですかね。

 

3月16日に「82」あったVIX恐怖指数も「27」まで落ちてきており、米国株式市場は徐々に楽観ムードとなってきました。このまま続伸するか否か、米国の次の一手が期待されます。そいや2番底はどうなった?

 

GW明けのeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は下げ

f:id:hayachinense:20200509210023j:plain


5月第2週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は4日~6日まで動きなしで、7日~8日でやや下落となりました。5月のつみたてNISA定期積立は7日約定という事で、グローバル3倍3分法同様にちょうど下がったところで約定となりました。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  5/4 5/5 5/6 5/7 5/8
基準価額 10,655円 10,655円 10,655円 10,324円 10,456円
前日比 0円 0円 0円 -331円 132円
純資産総額 838億円 838億円 838億円 859億円 894億円
前日比 0億円 0億円 0億円 21億円 35億円

基準価額は先週から-199円の下落、純資産総額は+56億円の流入です。楽天証券での投資信託全銘柄の中で、久々に買付ランキング「1位」、積立設定件数ランキング「1位」になってました。コロナショック後から積立を始めた人がとても多いようで、早速利益が出ているとの報告もちらりほらり。でも利確は20年後にお預けやで。

 

 

まとめ

GW明けの約定で少しだけ平均取得価額が下がったくらいで、大きな動きは特になしです。トータルリターンは「-5278円」となりました。S&P500はコロナショックで大きく下落しましたが、早くも4割戻しです。リーマンショックに比べると恐ろしいくらい戻りが素早いので、同じ轍を踏むまいとする米国の迅速な対応には目を見張るものがありますね。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200501223542j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200509211927j:plain