つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【投資信託】UBS原油先物ファンドが買付ランキングで急上昇している件【続伸中】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200506120949j:plain

 

 

2020年4月20日に「-40.32ドル」という史上初のマイナス価格で取引が成立した原油先物WTI。「価格がゼロ以下になる事はありえない」という先入観から0ドル付近でハイレバかけて大量取引した人は、まさかのマイナス圏突入で瞬殺。一攫千金を狙うどころか追証で破産者が続出したという富竹ジロウも顔面蒼白な事件でした。

 

一方、WTI原油指数に連動する投資信託「UBS原油先物ファンド」はこのイヤな事件をきっかけに買付が殺到し、楽天証券の全銘柄買付ランキングで「5位」、値上がり率ランキングで「10位」と急上昇中です。

 

UBS原油先物ファンドで石油王に?

ファンドの特徴

  UBS原油先物ファンド
運用方針 世界の代表的商品市況を表すUBSブルームバーグCMCI指数のWTI原油指数に価格が連動する上場投資信託証券を中心に投資する。
商品分類 原油関連
ベンチマーク UBSブルームバーグCMCI指数WTI原油指数
信託報酬 1.074%(税込)
最高値 18448円 (2014/06/26)
最安値 4121円 (2020/04/22)
設定日 2009/02/16
償還日 2022/12/05
純資産 144.38億円
つみたてNISA 対象外
UBS原油先物ファンドの運用はとてもシンプルで、WTI原油指数に連動した投資成果を目指す「インデックス型」の投資信託です。しかし信託報酬はアクティブ型に匹敵する「1.074%(税込)」という事で非常に割高です。償還日が2022年12月5日と残り期間僅かとなっていますが、受益者に有利であると認めたときは信託期間延長も視野に入っているようです。

 

面白いのが繰上償還で、純資産総額が20億円を下回ったらアウトとなっていますが、過去に幾度となく下回りましたが何故か生き延びています。あくまで「繰上償還する場合がある」という事なので、その気になれば繰上償還しないという可能性も十分ありえそう。利根川みたいな言い分です。

 

基準価額は最安値更新中

f:id:hayachinense:20200506125954j:plain

 

原油価格は欧州・中国・新興国の不景気により世界的な原油需要が減った事で、2014年6月26日の最高値「18448円」から基準価額は一気に下がりました。その後2017年6月から2018年10月で一旦持ち直しましたが、イラン産原油の禁輸措置緩和で再度急落。そして今回のコロナショックで最安値を一気に更新しました。2020年4月22日時点で最安値は「4121円」、5月1日の時点で「4498円」と現在の基準価額は非常に不安定な状態です。

 

しかし反対に純資産額は急増しており、2020年3月19日の時点で「17億円」だった純資産額は、2020年5月1日の時点で「144億円」と約8倍に増加しています。今が「底もしくは底付近」であると判断した投資家が一斉にこのファンドを買付し、ランキングが急上昇したと思われます。原油価格は史上最安値を付けた、流石にこれ以上下がる事はないだろう、長期的に見て今買えば儲かるかもしれない、的な感じですかね。

 

以前も同じ事があった

f:id:hayachinense:20200506134943j:plain

 

2014年から2015年にかけて原油価格は急落しましたが、このタイミングで底と判断され2015年は半年かけて大量の資金が流れ込みました。しかし結果的に2番底どころか3番底まで下落し、多くの投資家は含み損を抱える事になりました。今回の原油価格大暴落は2015年のケースに非常に酷似しており、いくらバーゲンセールだからといって飛びつくのは少々危険な感じがします。

 

仮に飛びつくにしても一括投資ではなく積立投資がベターでしょう。2015年の年始に一括買付をして6ヵ月以内に売らなかった人は3年以上含み損を抱える塩漬け状態となりましたが、長期目線で定期積立をした人はドルコスト平均法で利益が出る結果となっています。

 

ただし定期積立はあくまで時間を味方に出来る事が条件であり、このUBS原油先物ファンドは償還日が「2022年12月5日」で一旦設定されています。残り2年7ヵ月ちょいで利益が出れば良いですが、延長が不確定な状況なので、定期積立でも投資対象にするのはちょっと避けたい感じがします。しかしここが本当に底だった場合は、大きな利益を齎してくれるかもしれません。

 

まとめ

原油価格は未曽有の大暴落で底をウロウロしているような状況です。今が買いという判断で大きな資金が原油関連の金融商品に流れ込んでいますが、新型コロナウイルスの脅威は未だ継続中であり、世界経済が不安定な事には変わりありません。

 

今後コロナ問題が解決され、経済活動が再開される暁には原油価格も上昇していく事が考えられますが、今買うかどうかは慎重に判断したいところですね。こういうところで積極的に買っていける人が「石油王」になれるんでしょうけど、普通は中々手が出せないのが人間のSAGAですな。