つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年4月第5週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【4月27日~5月1日】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

グーグルの調べによると、日本は4月7日の緊急事態宣言発令後の外出自粛要請から「人の移動」が半分程度となっており、コロナ感染拡大に効果ありと報告されています。先週も同程度の水準であり、SNSやニュースなどで外出している人が結構な頻度で叩かれていますが、日本は比較的マシな方だそうです。

 

米国やオーストラリアでは「ピークは過ぎた」という報道から職場復帰や外出する人が増加しており、それによって収まりつつあった感染拡大がまたジワリと増えている模様。長期にわたる自粛で人々は疲れており、どこかでストレスを発散しないと爆発してしまうのはよくわかりますが、まだまだ予断を許さない状況なので、米国経済(主にS&P500)のためにもうちょい自粛を頑張ってほしいものです。

 

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年4月27日~5月1日)

S&P500は今週もヨコヨコ

f:id:hayachinense:20200502194349j:plain

 

27日の米国株式市場は、経済活動一部再開の期待から上昇です。外出規制がされていた一部の州で経済活動が再開され、少しずつですがコロナショックの締め付けが緩んできました。史上初の大型経済支援策による後押しもあり、S&P500は最高値からの急落を-20%以内に戻してきました。しかし新型コロナウイルスが消えない限り「上がり幅」は限定的であり、2番底がなかったとしても元値に戻るまで半年~1年以上はかかり、V字回復はまだまだ先と慎重な意見が多いです。

 

28日はハイテク株急落により反落しました。S&P500企業の第1・四半期の収益は「-14.8%」が見込まれており、依然として厳しい状態が続いています。一方医療品や生活用品の需要は飛躍的に伸びており、総合的な下げ幅は限定的です。また経済指標である4月の「米消費者信頼感指数」は大幅に低下。新型コロナウイルスによる経済活動停止で、失業者が大量に出た事が要因となっています。

 

29日は以前から注目されていたギリアド・サイエンシズのコロナ治験薬「レムデシビル」の前向きなデータ公表により、米国株式市場は急上昇です。また連邦公開市場委員会で金利据え置きと量的緩和が決定した事で、経済活動再開に前向きです。積極的な経済支援による下支えで米経済は底堅さをしっかり保っている事が確認され、この日は幅広い銘柄が買われました。

 

30日はネガティブな経済指標発表により売りが先行しS&P500は急落です。新規失業者保険申請件数は「383万件」と全く改善されておらず、経済活動停止に伴うレイオフの拡大が止まりません。ピークは3月下旬の「686万件」だったので、だいぶ改善されてきてはいますが、今年の2月~3月上旬の申請件数が「20万件」前後だった事を考えると依然として高水準です。コロナショックが米経済活動に与えた影響は凄まじいですね。

 

5月1日は前日の急落を引きずり軟調な動きとなりました。アマゾンやアップルは新型コロナウイルスの影響についてネガティブな見通しを公表した事で売りが先行。原油価格の不安定さからエクソンモービルも急落しS&P500は3%近く下落しました。GW前のポジション解消も手伝ってか、米国株式市場は全体的に下落基調となりました。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は微上昇

f:id:hayachinense:20200501223428j:plain

 

4月第5週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は微上昇。反発後は小幅に上下しながら上昇傾向にあり、S&P500の力強さを感じます。しかし米国の失業者数は相変わらず半端ないので、経済活動を本格的に再開させるまで大きな上昇は厳しそうです。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  4/27 4/28 4/29 4/30 5/1
基準価額 10,409円 10,532円 10,532円 10,714円 10,655円
前日比 132円 123円 0円 182円 -59円
純資産総額 851億円 863億円 863億円 883億円 881億円
前日比 13億円 12億円 0億円 20億円 -2億円

基準価額は先週から+378円の上昇、純資産総額は+43億円の流入です。4月29日はお休みでしたが、今週は全体的に堅調な動きでした。しかし5月1日にS&P500は急落しており、GW明けは前日比マイナスが予想されます。つみたてNISAの月初積立は5月7日の約定予定となっていますので、どれくらいの基準価額で約定するのか気になるところです。

 

まとめ

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、先週の基準価額から+378円の上昇、トータルリターンは「-3275円」となりました。だいぶ含み損が減ってきたのは良いのですが、ちょっと回復が速すぎませんかね。大暴落って床ペロしてから低空飛行を数年続けるものだと思っていたので想定外です。それだけS&P500は強いという証なんでしょうけど、なんだか生き急いでいる感じがしてならない。そんな急がなくてもえぇんやで。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200425212225j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200501223542j:plain