つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年4月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【13日~17日】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

4月17日に安倍首相は「国民1人あたり10万円」の一律給付を実施すると発表しました。リーマンショック後の2009年に国民1人あたり12000円を支給しましたが、今回はそれを大幅に上回る額です。4人家族であれば40万円が支給されるという事で、コロナショックにより収入が減ってしまった人にとって実にありがたい話となります。

 

しかし麻生財務大臣は「手をあげた人にしか渡さない」という自己申告制を取ると説明しており、面倒ですが10万円受け取るために申請手続きをしないとダメな感じになりそうです。申請用紙が郵送で送られてくるので、必要事項を記入して返信すればOKらしく、今回はオンライン申請も可能という事なので手続きは楽でしょう。まぁいつ郵送が来るのか謎ですけどね。

 

さて、今週あまりやる気を感じなかったeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の値動きでも見ていきましょうか。チャートもコロナショックでお疲れ気味ですよ。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年4月13日~17日)

S&P500はレンジ相場へ

f:id:hayachinense:20200418120127j:plain

 

13日の米国株式市場は、欧州市場などがイースターの連休で休場だった影響もあり、取引が少なかったため大きな動きはありませんでした。しかしこれから米企業の決算発表が数多く控えているため、新型コロナウイルスによるダメージをどれほど盛り込んでくるか気になるところです。一方自粛要請でネット注文が増えると踏んだアマゾンが75000人を新規雇用する計画を発表したため株価は上昇です。こういった動きでマイナス要因を補填出来る力を残している企業が今後どれくらい頑張れるか、決算が注目されます。

 

14日はポジティブなニュースが多く、米株は急伸しました。現在米国で行われているロックダウン措置が緩和されるとの見通しが発表されており、コロナ危機がピークを迎えたとの見解です。1日の感染者数・入院数も減少の兆候があり、経済活動が再開するとの見方が強まってきました。しかしこれから厳しい決算シーズンが始まるため、市場が急落する可能性も吝かではないの見方もあり、出方を伺っている投資家は多いとの事です。散々言われている「二番底」はこれから作られるかもしれませんね。

 

15日はあまりよろしくない経済指標や企業の決算の影響で反落しました。前日の上昇を台無しにする行って来いで、新型コロナウイルスによる経済ダメージはやはり大きかった模様です。特に反応が顕著だったのが経済指標で、小売売高が前月比「-8.7%」、製造業生産指数「-6.3%」と大幅なマイナスとなりました。日本と同様に米国でも接客業や飲食業などのサービス業は壊滅的で、今後更なるマイナス要因が市場に影響を与えるとの見方が強まっています。

 

16日は前日の反落から少し戻す形となりました。外出自粛により動画や宅配サービスに関する需要が増えており、アマゾンやネットフリックスが上昇です。しかし旅行関係の株価は相変わらず酷い状態となっており、ボーイングは8%超の急落。流石にこの時期に国内外へ旅行をする人は頭ハッピーセット認定なので、致し方なしといった感じです。買物客でごった返す近所のスーパーに行く事すら躊躇う状態ですからね。

 

17日は続伸です。米国ではロックダウンの解除、自宅待機命令の解除、生産停止の解除など経済活動再開の動きが出ており、市場は再び活性化を取り戻しつつあります。壊滅的だった航空株のボーイングがこれを受けて急上昇し、S&P500を押し上げました。今後新型コロナウイルスの治療法が出てくれば、相乗効果で次第に株価は上がりだすという見方も出てきており、市場は経済活動再開を期待している流れです。はたしてそう上手く事が進むでしょうかね?一難去ってまた一難があるような気がしてます。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は横ばい

f:id:hayachinense:20200417222311j:plain

 

4月第3週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は冴えない動きでした。やはり米企業の決算が出揃わないと今の時期は動きが鈍いです。米国は経済活動再開に向けて前向きな姿勢をとっていますが、新型コロナウイルスが地球上から消えない限り「感染者が減少した!ヤッター!」からの「また増えた!ヤバス!」みたいなイタチごっこが続くんじゃないんですかね。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  4/13 4/14 4/15 4/16 4/17
基準価額 10,293円 10,134円 10,401円 10,221円 10,303円
前日比 -36円 -159円 267円 -180円 82円
純資産総額 794億円 781億円 816億円 809億円 821億円
前日比 4億円 -13億円 35億円 -7億円 12億円

今週の値動きは基準価額は-26円の下落、純資産総額は+31億円の流入です。上がって下がっての繰り返しで、特に目立った動きはありませんでした。コロナショックで純資産総額は3月24日時点で560億円まで下がりましたが、現在まで「+261億円」とかなりの勢いでお金が流れ込んでいます。やはりここが一旦の「底」なんでしょうかね。

 

まとめ

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、先週の基準価額から-26円の下落、トータルリターンは「-7571円」となりました。ここから盛り返すのか、はたまたコロナショック第二波で下がるのか先の読めない展開ですが、つみたてNISA組は何も気にしないで自宅でスマブラでもやってればいいと思います。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200410235450j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200417222329j:plain