つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【強制保険】自賠責保険料が2020年4月1日から値下げしていた件【加入しないと処罰】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200414223543j:plain

 

 

長野県のガソリンスタンドにて、86歳のBBAがブレーキとアクセルを踏み間違えて男性従業員を車と壁で挟み込み死亡させた事故がありました。従業員が「オーライオーライ」とBBAの乗った車を前に誘導していた矢先、車が急発進し一瞬でサンドイッチになったようです。

 

現在BBAは過失運転致死の容疑で取り調べを受けているようなので、どうやら「飯塚幸三」のような上級国民ではなかった模様。てかもうすぐ事故から1年経つけど、飯塚幸三は今何してんだろうね。そろそろ雛見沢村で拷問されても良い頃合いなんだけど。

 

高齢化社会真っ最中の今の日本において、交通事故の統計では高齢運転者による死亡事故件数は年々増加傾向にあります。自分がどれだけ気をつけて運転していても、前から横から後ろからいきなり高齢運転者のプリウスミサイルが飛んで来たら避けようがありません。とはいえ、自分も加害者になる可能性だってあるわけで、万が一に備えて保険はちゃんと入りましょうね。今は自転車ですら保険の加入が義務化されてきていますし。

 

2020年4月1日から自賠責保険料が値下げ

車の自賠責保険料は14~18%程度値下げ

購入時に支払う自賠責保険37ヵ月契約の場合は、自家用小型/普通乗用車は36780円→30170円と「6610円」の値下げ、軽自動車は35610円→29550円と「6060円」の値下げです。安くなった理由は「保険収支が儲からないように調整している」ためであり、今回は保険料で儲かりすぎたから単純に値下げしたって意図だそうです。そうなると「次回は値上げ」になるって話になりそうなので、一喜の後は一憂ですね。

 

とはいえ、自賠責保険料が下がったとしても消費増税の影響で「任意保険料」は上がっているので、これでうまいこと相殺みたいな感じですか。任意保険入っていない人は負担減ですが、ハードラックとダンスっちまったときは泣きを見るかもしれませんね。

 

バイクの自賠責保険料も値下げ

自賠責保険が満期となる場合、満期日の3ヵ月前に更新しやがれ的なハガキが届きます。自賠責保険にいつ加入したのかなんてぶっちゃけ覚えてませんので、ハガキが届いてようやく「そうなんだ!すごいね!」と思い出すレベル。強制保険だから加入しないでバイク乗ってると処罰されちゃいます。白馬の王子様(白バイ)怖い。でもまぁ今回は値下げなので、安いうちに最大年数で入ったほうがお得よね。

 

原付・原動機付自転車
[125cc以下]
1年 2年 3年 4年 5年
12ヵ月 24ヵ月 36ヵ月 48ヵ月 60ヵ月
旧保険料 ¥7,500 ¥9,950 ¥12,340 ¥14,690 ¥16,990
新保険料 ¥7,060 ¥8,950 ¥10,790 ¥12,600 ¥14,380
差額 ¥440 ¥1,000 ¥1,550 ¥2,090 ¥2,610

PCXは原付二種なので、自賠責保険料が原付と同じ扱いです。元々安いので値下げされたといってもそこまで大きく下がったわけではありません。そしてどう考えても5年(60ヵ月)契約一択というのは言うまでもなく、相変わらずおかしな保険料設定です。まぁ単純に7060円を5倍されて「35300円支払え」とか言われたらそれはそれで「高すぎだろボケが」ってキレると思いますけど。

 

まとめ

2020年4月1日からはスーパーのレジ袋が有料化になったり、レジャー施設や食品・手数料など様々な商品やサービスが値上げとなっています。そんな中、自賠責は値下げされ財布に優しい保険料となりました。車やバイクを所持しており、これから満期を迎える人は、物価の上昇に悲観しつつ自賠責の値下げを喜びましょう。