つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【コロナ対策】会社がバス・電車通勤でなく自家用車・バイク通勤を解禁した件【3密回避】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200412210304j:plain

 

 

12日、東京都内では新たに166人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。これで累計感染者数は2068人となり、ついに2000人を超える事態となりました。どうやら中野区の病院内でクラスターが発生したようで、「なんか熱っぽい。風邪かな?」と思って病院に行くと、ただの風邪だったのにコロナをうつされて重体に陥る可能性もあるって事ですね。おとなしく自宅に引き籠って、部屋の隅でガタガタふるえてコロナ対策の準備をしている人、つまりニート最強と。「働いたら負け」ってそういう意味もあるのか。

 

で、こんな状況でも働いている社畜の大半は、相変わらず3密の代名詞であるバス・電車で通勤しているわけですが、私の場合は時差出勤なので、ぶっちゃけ「密閉・密集・密接」が比較的軽い部類の電車に乗ってます。多くの企業は時差出勤を導入しながらテレワークを順次導入しているため、7時前後の電車については非常に空いており普通に座れるレベルです。まぁ座ると「密接」になるので座席が空いてても座りませんけどね。

 

とはいえ、人と密接する空間である事に変わりはなく、どんなに空いていてもバス・電車は感染の可能性があります。「自分は絶対大丈夫」という過信はフラグみたいなもんで、そういうヤツに限って真っ先にゾンビに襲われるんですよ。どんなに空いている電車に乗ったとしても、間隔をあけて自衛する事はとても大事です。

 

そんな通勤状況を見かねたのか、会社はついにバス・電車以外の通勤手段を解禁する事を決定しました。やはり会社としても公共交通機関に頼った通勤はリスクが大きいと判断したのでしょう。

 

自家用車・バイクでの通勤可

都内への車通勤は駐車場が悩みのタネ

敷地が広く駐車場が十分確保してある会社は車通勤OKにしても全く問題ありませんが、都内で敷地が広く駐車場をしっかり確保している会社なんてほとんどありません。ゆえに自家用車で通勤する場合は、会社近くのコインパーキングを利用する事になります。

 

しかし都内はビックリするくらい駐車場が少なく、しかもめっちゃ高いです。例えば八重洲近辺だと「1時間500円」なので8時間駐車したら4000円、銀座近辺だと「1時間700円」なので8時間駐車したら5600円です。きっかり8時間なんて不可能に近いので、出勤時間や残業時間も考慮すると9~11時間は駐車する事になります。

 

会社としても1日最大2000円~3000円くらいの負担が関の山だと思われますので、最大料金を設定していないコインパーキングに駐車すると軽く死ねます。つまり、最大料金の設定がある駐車場の争奪戦がおのずと始まってしまうわけです。更に条件として停める駐車場を事前に会社へ報告しなければならないので、まずは駐車場探しが凄く大変。都内通勤の人が車通勤の申請を通すのは、中々ハードルが高そうです。

 

ちなみに私の通勤する事業所は神奈川県内なので、都内ほどカオスではないです。見渡す限りそこらへんに平日最大料金1000円の駐車場がありますので、多分うちの部署の人間は車通勤しても全く困らないでしょう。

 

バイク通勤は感染リスクよりも事故リスク

バイク通勤の場合は会社の敷地に駐輪出来るので、駐輪場に関しては全く問題ありません。自賠責と任意保険に加入しており、免許取得から最低1年以上が条件なので緩いです。私はバイク通勤の申請を出しましたが、多分楽勝で通ると思います。

 

ただ会社としては「バイク通勤は基本的にNG」としており、今回解禁に踏み切ってはいますが、あまり歓迎していません。というのもハードラックとダンスっちまった場合は車と違って「ほぼ一撃死」であり、会社としての代償がとても大きいからですね。私が入社する前は普通にバイク通勤OKだった時代があったようですが、大きな事故があったのでNGになったという経緯をパイセンから聞いてます。

 

とはいえ、バイク通勤にすると「通勤時間が20分短縮」、「完全にドアtoドアが可能」、「人と接しないから感染リスクゼロ」、「駐輪場・ガソリン代タダ」とメリットしかありません。運転には十分注意する必要がありますが、私にとって解禁は神対応です。まぁ雨の日はバイクで行くか電車使うか選択する必要が出てきますが、定期代とは別の支給対象となるので状況に応じて切り替えですかね。

 

しかし会社としては「コロナ対策」としての解禁なので、コロナの心配がなくなった場合は再び「封印」になると思っています。まぁそれでも一時的にバイク使えるのはありがたいので、大いに活用させてもらいます。

 

 

まとめ

f:id:hayachinense:20200412225454j:plain

 

「密閉・密集・密接」の3密を回避するため、会社は自家用車・バイク通勤をOKとしました。車は防御力が高いので事故っても助かる可能性がありますが、バイクは鉄の塊に生身の人間が跨ってますので防御力ゼロです。当然事故ったらひとたまりもありませんが、私はメリットがデメリットを上回ったので、コロナ期間はバイク通勤します。

 

「自分は絶対事故らないから大丈夫」という過信はせず、かもしれない運転を心掛けながらコロナを乗り切りたいと思います。