つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【USA360】楽天・米国レバレッジバランスは米国国債が良い仕事している件【コロナショック】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200408234225j:plain

 

 

GDPの10%に相当する2兆ドルの経済対策で新型コロナウイルスと戦う決意を示した米国。その勢いに反応した株式市場は大幅に反発し、勢いを取り戻し始めました。トランプ政権は米連邦準備理事会とともに立て続けに大きな対策を打ち出し、経済的影響を軽減しようと必死に取り組んでいます。その力強い動きを日本も見習うべきだと思いますが、それは残念ながら無理なんですね。

 

実を言うと日本はもうだめです

突然こんなこと言ってごめんね

でも本当です

2、3日後にものすごく

コロナ感染者が増えます

それが終わりの合図です

程なく緊急事態宣言が来るので

気をつけて

それがやんだら、少しだけ間をおいて

マスク2枚がきます

 

USA360は長期投資に向いている

コロナショック後の各ファンドの状況

f:id:hayachinense:20200409003709j:plain

 

2月21日から始まったコロナショックで大抵のファンドは大暴落となりましたが、その中でも明らかに他と違う動きで乗り切ったファンドは、USA360こと「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」でした。

 

米国株式90%+米国国債270%というシンプルな資産配分が功を奏したのか、最大下落率は「-25.21%」と楽天VTIの「-35.58%」に大きく差をつける形となりました。4月8日時点で一旦の底から+11.56%戻しており、順調に回復しています。

 

コロナショックで米国国債が大きく貢献

f:id:hayachinense:20200409005802j:plain

 

コロナショックにより楽天VTIは凄い勢いで急落となりましたが、米国国債はあまり下げる事なく前半は横ばいを維持。中盤から後半にかけて買われだした事でクッションの役割をしっかりと果たし、下げを抑制しながら上昇にも貢献とUSA360の中で大活躍を見せました。株式と債券の逆相関を崩すことなく、ちゃんと下落を抑制出来たのは凄いですね。

 

米国国債が上昇した理由

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がり、安全資産である米国債券が継続的に買い続けられた事が要因です。また複数回の利下げや追加金融緩和などにより急速に金利低下が進んでおり、現在の先行き不透明な状況では金利が上がりにくいと判断されている模様。

 

景気循環で言えば、不景気から好景気になる際は株式が有利となりますが、好景気から不景気になる際は債券が有利となり、現状の米国はどちらかと言えば不景気に片足突っ込んでいる状態なので、債券が有利に働いている状況と言えそうです。懸念事項としては、景気が良くなった場合は株式のターンになってしまい債券が売られると思われますので、そのときは債券270%が牙をむくかもしれませんね。

 

まとめ

コロナショックにより大暴落するファンドが量産される中で、USA360は絶妙な資産配分で見事乗り切りました。米国に特化するというある意味潔いファンドではありますが、今後も米国は世界のトップであり続けるだろうという考えであれば、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)同様に投資する価値はあると思います。

 

長期投資をする上で1度や2度の暴落はつきものですから、出来るだけリターンを減らさない運用を目指す場合であれば、米国国債で下落を抑制するUSA360は良い選択肢になりえるでしょう。