つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年4月第1週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【30日~3日】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

 

東京都内で新たに118人が新型コロナウイルに感染している事が4日に確認されましたが、土日の不要不急な外出は控えるって話はどうなったんですかね。しかも感染経路が不明ときたもんだ。よくもまぁそんな状態の都内を気軽に闊歩出来るもんですね。

 

ていうかそれだけ感染者が出歩いてるという事実がヤバいというか、ラクーンシティなら迷わずヘッドショットして回し蹴り食らわすレベルだと思うんですけど、日本はちょっと能天気すぎませんかね。まぁ一部のファッキンクレイジーに限定される話ではありますが、良い子が真似するんで外出は控えましょうね、マジで。

 

出歩くと死ぬよ、超

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年3月30日~4月3日)

S&P500は反発後横ばいで推移

f:id:hayachinense:20200404203723j:plain

 

30日の米国株式市場は、2兆ドルを超える経済対策や米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和による買い支えにより大きく反発しました。値下がりしている株式で底堅く成長性が見込める銘柄を投資家が買戻ししており、S&P500はビンビンです。特に大きな動きが目立ったのは医薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンで、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を9月までに開始すると発表したことで8%高となりました。ようやくコロナを世界から消し去るワクチンが!やったねレオン!

 

と思ったら31日は一転して急落。ワクチン自体は2021年にならないと実用化されないとの事で、ジョンソン・エンド・ジョンソンが上昇したところで、ほぼ停止している米経済活動の起爆剤にはなりませんでした。2兆ドルの経済対策も市場の信頼を回復するには十分ではないと判断され、更には来週以降どう考えても最悪な報告が確定している「企業決算」が控えていますので、一旦ポジションを解消する流れとなりました。31日の急落がこの企業決算を折り込んでいない場合、来週はもう一段下げる可能性があるでしょう。

 

4月1日は新型コロナウイルスによる米国での死者数が拡大すると予測され、売りが優勢となりました。ダウが一時的に1000ドル下げる場面もあり、トランプ大統領も「米国は今コロナと戦ってるけど、普通に立ちハイスラからコンボ繋げてくるから腹立つわ」と激おこです。ディフェンシブ銘柄に加えて航空株や運航株もダダ下がりで、S&P500は再び2500を割り込む形となりました。

 

2日のS&P500は上昇。この日はサウジアラビアとロシアが減産に合意するとの期待感から原油価格が急騰しました。同時に年始から半値になっていた石油株も9%を超える上昇となりS&P500を押し上げました。横浜だとレギュラーガソリンの価格が「127円」くらいなのですが、和歌山だと「89円」のガソリンスタンドがあるようで、地域差ありすぎですね。とは言え、今回の原油価格急騰で下げたガソリン価格をすぐに上げてきそう。上げる時はストレイト・クーガーばりに速いから困る。

 

3日は雇用統計の発表があり、結果は非農業部門雇用者数が前月から70万1000人の減少となり、雇用者数が大幅に落ち込んでいます。新型コロナウイルスによりレイオフが加速しているのは日本でも話題になっていましたが、米国は尋常じゃない数になっています。改めて米国経済活動が停滞している事が露呈し、コロナ不況への不安が募っています。

 

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は横ばい

f:id:hayachinense:20200404203744j:plain

 

4月第1週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、24日の反発後横ばいで推移しています。コロナショックが始まる前と違い明らかに値動きが大きくなっており、市場の動揺や懸念の大きさが伺えます。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  3/30 3/31 4/1 4/2 4/3
基準価額 9,321円 9,738円 9,474円 9,048円 9,310円
前日比 -438円 417円 -264円 -426円 262円
純資産総額 659億円 694億円 678億円 652億円 691億円
前日比 -24億円 35億円 -16億円 -26億円 39億円

今週の値動きは小幅に行って来いとなり、基準価額は+11円、純資産総額は+32億円となりました。つみたてNISAの月初買付は2日となりましたので、基準価額「9048円」で約定です。グロ3は反発後の微妙な高値で約定してましたが、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は下がったところで約定となったので、今月は中々良い位置でした。

 

 

まとめ

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、先週の基準価額から-449円の下落、トータルリターンは-19693円となりました。まだ買付額が少ないため平均取得価額が11733円から10923円と-810円も下がってくれましたので、リターンはマイナスですが中々良い感じです。このまま今の位置で燻ぶっててくれるとありがたいのですが、米国の現在の状態はお世辞にも良いとは言えず、景気後退入りが濃厚です。更なる下げが予想されていますので、現金用意しながらしっかり正座待機したいものです。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200328233302j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200404221743j:plain