つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【経済対策】キャッシュレスポイント還元制度が延長になる可能性【楽天ポイント】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200330222022j:plain

 

 

新型コロナウイルスによる世界経済への打撃は大きく、各国では様々な経済支援対策が検討されております。日本ではリーマンショック後に財政支出15兆4000億円の経済対策を実施しましたが、今回のコロナショックはこれを上回る規模になるという見通しです。ちなみに米国は2兆ドル(日本円で約220兆円)を経済対策として投下する事が超スピードで決定しており、ホントやることなすこと早いです。日本は動くの遅いし決まるの遅いしで話になりません。

 

特に話題になっている「現金給付」については、所得が減少した世帯を対象に現金を支給する方針で、それを判断する仕組みをこれから考える!とか言ってる始末。事故で今にも死にそうになっている人を「順番だから」と待合室で待たせるような平和ボケ感ありますね。見てすぐにわかるヤベェ状況なんだから、すぐに全国民対象に現金配るって言っておけばここまで叩かれなかったのにね。

 

そんな中、経済対策の1つとして「消費税率を引き下げる」という案も出ていましたが、経済同友会の代表幹事は「社会保障制度改革に大きなダメージを与える」とこれに否定的であり、代わりに今年6月末で終了予定の「キャッシュレス決済ポイント還元制度の延長」を求めてきました。

 

キャッシュレスポイント還元とは

消費者還元事業

2019年10月1日から始まった消費税率引き上げによる需要平準化対策として、増税後の一定期間に限りキャッシュレス決済をした場合にポイント還元等を支援する事業です。期間は「2019年10月1日~2020年6月30日」となっており、キャッシュレスマークの表示・展示のある店舗でキャッシュレス決済を利用すると「最大5%」のポイントが還元される仕組みです。

 

有名どころはやはり「楽天カード」で、国内キャッシュレス決済取扱高ナンバーワンの実績を誇ります。スマホアプリの「楽天ペイ」も併せて導入すれば利便性は更に向上。ほとんどのスーパーやコンビニ、ドラッグストアでキャッシュレス決済が可能となり、ポイント5%還元の恩恵を享受する事が出来ます。一時期ファミマでやっていたキャンペーンでは「楽天ペイ+楽天カード」で6.9%還元する事が出来ましたので、増税後の地味な出費を緩和するにはありがたい制度と言えます。

 

ポイント還元制度を活用しないと損

キャッシュレスポイント還元制度が始まってから、目に見えてスーパーの支払い環境は変わったと思います。今やスマホを持ってない人を探すほうが難しいくらい浸透しており、子供から高齢者まで誰もが持っている便利ツールとなりました。子供がスーパーで買物する光景はあまり見ませんが、高齢者は当たり前ですがめちゃくちゃいます。そして私がよく行くスーパーは、スマホ決済する高齢者が凄く多いのです。

 

現在行われているキャッシュレスポイント還元制度のおかげかもしれませんが、レジ待ちをしているとキャッシュレス専用レジが一番混んでいる気がします。食料品や生活必需品の購入で5%還元は明らかに美味しいので、やらなきゃ損とばかりにスマホを取り出して店員さんに掲示する高齢者を見ると「やるじゃん」て思います。

 

こち亀で高齢者がデジタル機器を当たり前のように取り扱う回がありましたが、それが現実になったんだなと改めて実感しますね。日本の高齢化が進むと益々日常的な光景になってくるんじゃないでしょうか。

 

ポイント還元制度を活用してみた

f:id:hayachinense:20200331000228j:plain

 

楽天カード払いは通常1%の還元ですが、キャッシュレス決済導入店でキャッシュレス決済をすると別途5%還元ポイントが入る事が確認出来ました。翌々月にポイントが還元されるので時間はかかりますが、地味に効果はあるようです。キャッシュレス生活しなければこの恩恵は享受出来ません。

 

軽減税率により食料品などは8%のままですが、日用品は10%。人間は慣れると怖いもので、レシートをあまり確認しない人は2%の差を忘れ、知らず知らずのうちに支出が増えている事に気が付かないのです。

 

私自身そうでしたが、消費税が上がり、一昔前まで100円だった商品が110円になっているという事をいつの間にか「当たり前」と思うようになっちゃうくらい感覚が慣れてきてるんですよ。増税から5ヵ月しか経っていないのにもう慣れちゃった、みたいな。キャッシュレス生活を始めてなければ、正直私は気にせずそのまま生きていたと思います。

 

まとめ

2020年6月末で終了予定の「キャッシュレス決済ポイント還元制度」は、すべての人が気軽に覚えて活用出来るものではありませんが、少しでもお得に買物をしたいという人は一考の価値がある制度だと思います。新型コロナウイルスの影響で世界経済が不安定となり、失業者が増え、景気後退が予想されている現在において、国が打ち出した制度で使えるものはしっかり使っていかないと実に勿体ないです。税金をしっかり払っているのであれば、取り返す勢いで食らいついていきましょう。

 

延長はいつでもウェルカム