つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年3月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【23日~27日】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

外出自粛要請により各地のスーパーで買い占めが行われている事はTwitterですでに知っていましたが、休日にまとめ買いしている身としては「コイツも買い占めか」と思われるのがツライところです。私は「買い占め」じゃなくて「まとめ買い」だっつーの。

 

とはいえ、スーパー側も前回の買い占めによる品切れを考慮してか、在庫切れになりやすい商品に「お1人様1点まで」という張り紙を貼ってしっかり対策していました。一応前回非常に困った米は僅かながら確保されていましたが、この前10kg買ったので今回は必要なし。本当に必要な人が買えばいいと思うよ。

 

ちなみに買い占めは米国でも普通に行われており、買い占めする輩に対して「コロナだけじゃなくてバカも感染するんだぜ」とアメリカンジョークで皮肉っており、バカという意味の「idiot(イディオット)」とコロナの正式名称である「COVID-19(コビッド19)」を合体させた「コビディオット」という言葉で煽りまくっているそうな。日本的には「コロナバカ」ってところでしょうか。

 

「スーパーに動物が入り込んだらしいけどコビディオットだったよ」

「コビディオットが庭でトング使いまわしてバーベキューしてたぜ」

「あのコビディオットは会う人みんなにハグしてやがる」

 

ナイス、アメリカンジョーク

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年3月23日~27日)

S&P500は2200を底に反発

f:id:hayachinense:20200328221331j:plain

 

23日の米国株式市場は大幅安で取引を終えており、新型コロナウイルスの影響による移動制限というネガティブな措置などにより、S&P500は約3%の下落となりました。先月高値から-34%の下落という事で、こいつぁ流石にヤベェと判断した米国連邦準備理事会(FRB)はついに無制限の「量的緩和」を発表。しかし残念ながら市場はあまり反応しませんでした。

 

24日は2兆ドルの新型コロナ対策法案が合意に近づいているという発表によりダウがいきなり爆上げしました。1933年以来の大きさとなる「2112ドル」の上昇を記録し、売りムードから一気に買いモードにチェンジです。トランプ大統領も4月12日のイースターまでに米経済活動を復活させたいという考えを示した事で、市場もちょっとしたお祭り状態に。特に大幅安となっている航空会社などに「400億ドル」を支援する法案が提出された事でボーイングが+20.9%の爆上げ状態となり、S&P500は15%上昇しました。

 

25日のS&P500は久々の続伸です。新型コロナ対策法案が米議会を通過する見通しが出た事で、市場の期待が高まり買いが続きました。先日爆上げした航空株はこの日も爆上げ状態で、ボーイングは+24%の上昇。他にもアメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空などが10%以上の上昇となりました。しかし財政刺激策や金融刺激策は新型コロナウイルスの問題を根本的に解決するものではないため、買いモードは一時的との見方が出ております。

 

26日は2兆ドルの新型コロナ対策法案が成立間近である事が期待され、強気相場に入りました。しかし米労働省が発表した「新規失業保険申請件数」が、前週比300万1000件増の328万3000件という恐ろしい件数を叩き出しており、新型コロナウイルスにより失業者が急増している事態となっております。飲食業やサービス業などが壊滅的なダメージを受けており、このまま一時解雇が増え続けると多くの企業が倒産する可能性が懸念されています。

 

27日は続伸からの反落です。米疾病対策センターが発表した新型コロナウイルス感染者数が「8万5000人」というとんでもない数だったため、市場はそれに反応し売りが強まりました。この感染者数は中国やイタリアを超えて世界最多となっており、予想以上に米国で感染が拡大している事が判明してしまいました。一方2兆ドルの新型コロナ対策法案は無事成立となり、今後の経済活動を後押しする期待が持たれています。

 

24日を境に反発するeMAXIS Slim米国株式(S&P500)

f:id:hayachinense:20200328221400j:plain

 

3月第4週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、S&P500と同様に24日を境に反発して上昇中。一旦底っぽいような感じがあり、新型コロナ対策法案が成立している事から、S&P500は暫くは掘り進む事はないだろうという見解が多いようですが、個人的に米国の感染者数と失業数の多さが非常に気になりますので、景気後退に片足突っ込んで下落はまだ続くと考えています。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  3/23 3/24 3/25 3/26 3/27
基準価額 8,700円 8,432円 9,267円 9,342円 9,759円
前日比 -204円 -268円 835円 75円 417円
純資産総額 572億円 560億円 626億円 640億円 683億円
前日比 -4億円 -12億円 66億円 14億円 43億円

逃げていた資金が徐々に戻ってきました。基準価額は先週から+1059円、純資産総額は+111億円となっており、純資産総額はコロナショック前を上回りました。下落相場にも関わらず楽天証券では買付ランキング「2位」、積立設定件数ランキング「1位」であり、今回の暴落をきっかけに投資を始めた人が急増している事が伺えます。

 

まとめ

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、先週の基準価額から+855円の上昇、トータルリターンは-16831円となりました。来週4回目の買付が月初に行われますが、なんかまた変な位置で約定しそうな予感がしますね。一応高値ではないんでしょうけど、底から跳ねたところで約定するのはなんか気分的にガッカリしますな。楽天カードの運命というか呪縛からは逃れられないので、こればかりは諦めるしかないんですけどね。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200320220701j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200328233302j:plain