つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【USA360】楽天・米国レバレッジバランス・ファンドがコロナショックで意外と強かった件【頑張ってる】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200326221939j:plain

 

 

2月21日から始まったコロナショックから早いもので1ヵ月が経過しました。ほとんどの投資家が含み損を抱えた状態となっており、その含み損の額に耐え切れない人から損切りをして退場していくという悲しい光景を多く見る事になってしまいました。まさに「嫌な事件だったね by富竹」状態であり、身をもって大暴落の恐ろしさを体験させていただきました。

 

さて、そんなまだまだ余波が続きそうなコロナ相場ですが、直近一番底と思われるところで反発し、ダウが一気に2000ドル以上暴騰するという場面がありました。はたしてここで下落を食い止めるのか、それとも死んだ猫が跳ねただけなのか、中々気になる展開です。USA360やグローバル3倍3分法などのレバレッジ型バランスファンドもこの反発を受けて上昇開始しており、ここからレバレッジの力で超回復を見せるのでしょうか?

 

反発するレバレッジ型バランスファンド

USA360はそれなりに下落耐性あり

f:id:hayachinense:20200326233345j:plain

 

2月21日高値から始まったコロナショックでの楽天VTIとUSA360の比較です。今回は株式だけでなく債券も下落するという一番嫌なパターンでしたが、「米国株式100%」の楽天VTIに比べて「米国株式90%+米国国債270%」のUSA360は同時安にも関わらず下落をそれなりに抑制出来ています。

 

暴落の最中でもちょいちょい債券が買われたためか、株式100%ほど下がらなかったという結果は素直に凄いと思いました。3月25日の時点でトータルリターン差は「11.29%」となっており、USA360が大きくリードする形になっています。もしかすると税金差し引かれた状態でも、つみたてNISAの利益を凌駕する可能性があるかもしれませんね。

 

 

レバレッジ型バランスファンドでの比較

f:id:hayachinense:20200326222010j:plain

 

米国だけに投資するUSA360と、全世界の資産に分散投資するグロシリーズの同期間での比較です。3月13日付近までは似たり寄ったりな感じでしたが、13日以降全世界のあらゆる資産が暴落する事態に陥りましたので、グロシリーズはレバレッジの影響もあり壊滅的なダメージを受ける事になりました。

 

 

f:id:hayachinense:20200327002048j:plain

 

特にグロ55はレバレッジ5.5倍というクレイジーさから19日の段階で2月21日の高値から「-41.74%」の下落を記録。一瞬でもオールウェザーの下落耐性を期待していただけに、この驚愕の結果にはガッカリでした。そんな上手い話はないという事ですな。

 

 

レバレッジ型バランスファンドで比較してもUSA360は優秀であり、世界の頂点である米国の株式と債券に1:3の割合で投資するというコンセプトは、シンプルながら絶妙な資産配分なのかもしれません。グロシリーズは分散力は高いのですが、投資対象が全部下がると流石にキツイものがありますね。

 

反発後の戻しはグロシリーズが優勢

f:id:hayachinense:20200327002412j:plain

 

3月19日の反発から25日にかけて上昇基調となり、USA360は「+7.34%」の上昇となりましたが、グロ3は「+10.15%」、グロ55は「+11.91%」でした。グロシリーズは下がるスピードは速かったのですが、上がるスピードも微妙に速そうな気がします。

 

とはいえ、グロ3は落ちに落ちまくった国内株式と国内REITが今後どれくらい戻すのかが重要であり、東京オリンピック延期を考えると暫くは厳しい状況が続くと思われます。グロ55は運用自体今だ謎の部分が多いため、どの資産がどれくらい上げ下げしているのかさっぱりわかりません。謎解明には次月のマンスリーレポートが必要なので、分析するのはそれからになりそうです。

 


まとめ

USA360はコロナショックによる大暴落でも、株ほど下げずに株のように上げています。完全にグローバル3倍3分法のコンセプトを奪う形となっており、レバレッジ型バランスファンドの中ではかなりの安定力を見せつけています。

 

しかし残念な事に、つみたてNISA対象の「楽天VTI」や「eMAXIS Slim米国株式」が直接的な競合となっており、USA360は全く売れていません。つみたてNISAを考慮しなければ良いファンドだと思うんですけど、やっぱ20年非課税のインパクトはでかいって事ですね。