つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【docomo】親がようやくガラケーからスマホに機種変更した件について【らくらくスマホ】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200322232940j:plain

 

 

今や小学生も当たり前のように所持しているスマホですが、ガラケーを未だに使い続けている人は中々スマホに機種変更したいとは言いません。最低限の機能や連絡手段が使えれば問題ない、新しいものを使いこなせる自信がない等々理由は様々ですが、うちの親の場合は後者でした。やはりガラケーと違ってスマホは未知の領域らしく、次買い替えるときも絶対ガラケーと頑なにスマホを拒否るレベル。家でタブレット使っているくせによくもまぁそんな事が言えたもんだ。

 

しかし残念ですが、ドコモは2026年3月に3G携帯電話サービスの「FOMA」と3G向けのネットサービス「iモード」を強制的に終了させます。これによりガラケーは完全に消滅する事が確定しておりますので、遅かれ早かれスマホに変更しなければならないわけです。

 

「後6年もあるから余裕」とか言ってても、終了がわかっているのに新機種のガラケーを作り続けるメーカーがどれほどいるでしょうかね。ガラケー買い替えたくてもガラケー自体がなかったらどうしようもないわけで、先を見据えてさっさとスマホに機種変更しとけと説明したら、ようやく重い腰を上げました。メンドイけど乗りかかった船なので一応付き添い。それに以前変なオプションつけられまくってたからコレ系は心配なのよね。

 

ガラケーからスマホに機種変更

「らくらくスマートフォン me F-01L」に機種変更

f:id:hayachinense:20200323005043j:plain

定番中の定番ですが、最低限の機能が使えて機械音痴にもわかりやすいスマホって言ったら「らくらくスマホ」しか選択肢がないですよね。現行モデルは「F-01L」で、これでもかってくらいわかりやすい画面なので、一定の層にはめちゃくちゃ売れてる人気スマホです。

 

電話・メール・インターネット・カメラがとりあえず出来れば問題ないという潔さですが、実機を触ってみた感じLINEとかちょっとしたアプリも最初から使えるようになっているので、アプリに抵抗がないユーザーはもう少しアクティブに使えそうな気がしました。ていうかいらない機能を削ぎ落しただけで、実はそれなりにスペックは高いんですよねコレ。

 

ドコモオンラインショップが安い

機種変更はドコモオンラインショップを使えば「頭金なし」とか「事務手数料なし」などのメリットがあり、更に今はキャンペーンをやっていて割引が店頭より大きいです。らくらくスマホ me F-01Lは定価41184円ですが、オンラインショップだと14300円の割引をしており、現金一括払いの場合だと実質負担は「26884円」です。

 

対してヨドバシだと事務手数料2200円とられてスマホ本体の割引が11000円なので、現金一括払いの場合だと実質負担は「32384円」です。一括払いだとヨドバシのポイントがつくのですが、これが相当改悪されていて今は「1%」しかポイントがつきません。トータルで見ると圧倒的にドコモオンラインショップがお得です。

 

自分用なら間違いなくドコモオンラインショップを使いますが、今回はプランも変わるのでちゃんと説明を受けさせた方が良いと判断してヨドバシを選びました。まぁギガホとかギガライトなんて言われてもあまりピンと来てない感じでしたけどね。

 

月々の支払の最低ラインは980円(税抜)

ギガライトは3回線以上だと1GBまでは月額1980円(税抜)です。ガラケーからスマホに機種変更すると「はじめてスマホ割」が適用されるので、1年間だけ月額1000円割引となります。よってデータ量1GB以下に抑えた場合は月額980円(税抜)とガラケー並の支払いとなり、仮に3GB以下だったとしても月額1980円(税抜)なので、普段のデータ使いが荒くなければコストは十分抑えられそうです。これならスマホはランニングコストが高いという懸念を払拭出来そうですね。

 

そして3親等まではファミリー割引で通話が無料になるのも地味に嬉しいところであり、今のところドコモからMNPしてまで乗り換えする必要はなさそうな気がしてます。まぁこの新プランになってからは長期ユーザーに対して恩恵が全くない事が問題視されており、解決策として「誕生日月にdポイント多めにやるから黙っとれ」で一蹴してきたところは個人的にマイナスですけど。

 

まとめ

ガラケーからスマホに機種変更した事で、基本的な端末の操作方法やプラン・月額料金は大幅に変わりましたが、一番気になる月額料金については上手に運用出来ればガラケーとあまり変わりません。2026年3月にガラケーは使えなくなってしまうため、現在ガラケーをお使いのご両親がいらっしゃる方は、キャンペーンが実施されているタイミングで機種変更を促してあげるのもありかもしれませんね。