つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【グロ55】グローバル5.5倍バランスファンドの資産内訳がようやく公開されました【マンスリーレポート】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200313222235j:plain

 

 

先日12日で誕生から1ヵ月となるグローバル5.5倍バランスファンド。1ヵ月おめでとう!とお祝いしたいところですが、現状はコロナショック真っ最中でそれどころではありません。これから物語が始まるという矢先に「レバレッジ5.5倍」という禁忌を侵し、資産550%という強大な錬成を成した事で真理の扉が開いてしまいます。

 

真理の扉に飲み込まれてしまったグロ55は「相場という真理」を垣間見てしまい、通行料として右腕と左脚を持ってかれてしまいました。対価として体の一部を失ったため、3月13日の時点で基準価額は7558円です。すでに重症というか血反吐はいてのたうち回っている状態。

 

「ようこそ、身の程知らずのバカ野郎」

 

元の体を取り戻すため機械鎧(オートメイル)を装備したグロ55の旅が、今まさに始まろうとしている。

 

グローバル5.5倍バランスの資産内訳

資産の内訳が公開される

前置きのハガレンはどうでもいいとして、今まで謎に包まれていたグローバル5.5倍バランスの資産内訳が先日公開されたマンスリーレポートにて明らかになりました。今回のコロナショックであらゆる資産が暴落となりましたが、レバレッジ型バランスファンドであるグロ55は割と耐えました。

 


まぁ耐えたのは最初だけで、その後フルパワーの下落を食らって結局落ちてしまったのですが、それでも株式100%の半分の下落なのでマシな方でした。いやはやコロナショックヤバすぎるというか、あと5cm右だったら四肢持ってかれる勢いですね。それでは早速、右腕左脚持ってかれるだけで済んだ資産の内訳とやらを拝見してみましょう。おさらいとして、グロ55の投資先は「株式100%・REIT25%・債券400%・金25%」です。

 

f:id:hayachinense:20200313234705j:plain

出展:日興アセットマネジメント

 

世界株式100%・REIT25%の内訳

f:id:hayachinense:20200313235224j:plain

出展:日興アセットマネジメント

 

世界株式100%の内訳は「先進国株式80%、新興国株式15%、日本株式5%」という配分でしょうか。グロ3は「先進国・新興国・日本株式20%ずつ」なので、グロ55は先進国株式がかなり多く、日本株式が少なめと言えます。日本は今後の見通しが暗いので相当削った感じというか、お情けでチビッと入れてもらった風にしか見えませんな。


REIT25%の内訳は「先進国REIT23%、日本REIT2%」というと配分かな。グロ3はREITに重点を置いているので「先進国・日本REIT20%ずつ」でしたが、グロ55は完全に日本REITを切り捨てにかかってますね。2019年に日本REITは伸びすぎたので、もはや用無しと判断されたのかもしれません。

 

債券400%・金25%の内訳

f:id:hayachinense:20200314000525j:plain

出展:日興アセットマネジメント

 

債券400%の内訳は「米国国債200%、欧州国債150%、日本国債50%」って配分ですかね。グロ3は「日本・米国・ドイツ・イギリス・豪州国債40%ずつ」なのでかなり異なるといいますか、豪州のかわりにフランスとイタリアが登場してます。

 

フランス国債はレバレッジ型バランスファンドの1つである「ウルトラバランス世界株式」に採用されている国債で、最初は意味不明と叩かれていたのですが、急激に伸び始めた途端に手の平クルーされた過去がありますので、グロ55に採用するのは何となくわかります。イタリア採用は正直さっぱりわかりません。分散先増やすために採用されただけかも?

 

金25%はそのまま金25%です。

 

まとめ

グローバル5.5倍バランスの資産内訳は、日本株式と日本REITを限りなく除外した先進国寄りの配分でした。そして550%の半分以上が米国資産という事で、米国への依存度がグロ3よりかなり高くなっています。米国株式60%+米国国債200%がデフォで組み込まれているので、言うなれば軽めのUSA360が内蔵されている感じでしょうか。

 

グロ3に比べて分散力は劣るような気がしますが、株式に力を入れている分上昇は期待出来そうです。まぁまずはコロナショックが落ち着かないとどうしようもありませんがね。