つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【パナソニック】ラムダッシュメンズシェーバーを4年使用した感想【5枚刃】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200304185725j:plain

 

 

2016年に購入し、丸4年使用したパナソニックの「ラムダッシュメンズシェーバー」の全自動洗浄充電器が先日壊れました。電源は一応入るのですが肝心の洗浄部分が機能しなくなり、残念ながら4年でお亡くなりとなってしまいました。パナソニックと言えど、水を扱う機械なのでそこまで耐久は高くないだろうと思って購入しましたが、案外長持ちしたほうですかね。シェーバー本体は壊れてないので引き続き使用中です。

 

 

ラムダッシュメンズシェーバー5枚刃の使用感

電気シェーバー購入の経緯

私は元々電気シェーバーよりもT字カミソリ派でした。理由は風呂に入るときに剃れるので後始末が簡単だったからです。加えてT字カミソリは肌に沿って綺麗に剃れるので剃り残しがなく、替え刃を常に新品に出来るので切れ味が劣化しないのが理由です。

 

しかしT字カミソリの替え刃は意外と高く、シェービングフォームと合わせると意外とコストがかかります。使っていたT字カミソリは「ジレットフュージョン5+1」でしたが、替え刃は1つ300円くらいします。メーカーは1ヵ月に1回の交換を推奨していますが、毎日使うのでぶっちゃけ1ヵ月も持ちません。洗浄しているとは言え、雑菌の繁殖や切れ味低下を考慮すると月2回は交換する必要があります。

 

シェービングフォーム1本500円くらいで月1本消費と考えた場合、大体毎月1100円程度はかかります。ホルダーも毎日使い続けるとカビが発生したりして買い替える必要が出てきますので、年間で13000円くらいはヒゲ剃りにかかる計算ですかね。消耗品とは言えヒゲ剃りも案外コストがかかるんだなぁと思い、これなら電気シェーバー買った方がコスパ良くね?と購入に踏み切った感じです。

 

まぁそれ以外でも肌のカミソリ負けや剃り傷が気になっていたのもあります。「キレテナーイ」とかCMで謳ってても、カミソリはやっぱ刃物なんで普通に切れます。ちなみにめっちゃ安いT字カミソリありますけど、あれは全然剃れない上に確実に肌を痛めるので全くオススメしません。ヒゲが薄い人は問題ないですが、濃い人は深剃りしようとして血だるまになるだけです。メーカー品のT字カミソリの性能はやはりダンチ。

 

 

ヨドバシで電気シェーバーを体験

電気シェーバーってホントに綺麗に剃れるのか、肌に優しいのか、メンテとかどうなのか気になったので、我らがヨドバシの出番です。パナソニック・ブラウン・フィリップスなどの有名メーカーの数万円するハイエンドモデルと、無名メーカーの2000~7000円程度のモデルで剃り心地を体験しました。

 

結論からいくと、無名メーカーの安い電気シェーバーは確実にダメです。全く剃れません。コスパ重視して選ぶと間違いなく後悔すると思います。特に安い3枚刃は肌に強く押し付けても仕上がりが雑で、剃るのに時間もかかります。お試しで買う分には良いと思いますが、長く使えるものではないと思ったほうが良いでしょう。

 

一方有名メーカーはどれも甲乙つけがたい性能で、恐ろしい切れ味と滑らかさを両立しており感動すら覚えます。特に5枚刃はT字カミソリと同レベルの剃り心地で「ここまで進化したのか」と畏怖するレベル。これなら電気シェーバーにしても全く問題ないとその場で判断しちゃうくらい今の電気シェーバーは性能がヤバイです。

 

購入したモデルは「ES-LV7A-A」

f:id:hayachinense:20200304192454j:plain

 

電気シェーバーのハイエンドモデルを色々体験し、最終的に決めたのはパナソニックの「ラムダッシュメンズシェーバー5枚刃ES-LV7A-A」でした。ヨドバシの店員さん曰く、ブラウンもフィリップスも良い商品ではあるが、あくまでグローバル向けな商品であり対象は「世界のヒゲ」。パナソニックは「日本のヒゲ」に特化しており日本人のヒゲの性質を徹底的に研究して開発されているから、どれがオススメかと言われたらパナソニックを推すとの事。

 

「よろしい、ならばパナソニックだ」という事で当時のハイエンドモデルだった「ES-LV7A-A」を購入。お値段は当時で28000円くらいでした。自動洗浄は正直どうかなと思いましたが、これは使ってみないとわからないのでお試しGO。自動洗浄付だとちょっと高めですが、シェーバー本体だけ購入する事も出来ます。本体だけだと22000円くらいだったかな。

 

ラムダッシュ5枚刃のメリット

切れ味がヤバイ

5枚刃の切れ味は凄まじく、ワンストロークでごっそり剃り、ツーストロークで剃り残しを綺麗にしてくれます。ヒゲ剃りにかかる時間もかなり早く、私の場合1分以内で終わります。5枚刃恐るべし。

 

肌に優しい

仕上がりはとても滑らかでT字カミソリに匹敵します。直接刃が肌に触れるわけではないので、完全な深剃りの場合はT字カミソリには劣りますが、正直十分すぎる性能であり、肌に刃が触れない分カミソリ負けのようなヒリヒリ感は全くありません。

 

コスパが良い

T字カミソリで年間1万円以上使っているなら電気シェーバーの方がコスパ良いです。本体だけなら2年以上使えば元が取れます。凄い人だと10年以上同モデルを使い続けている人もいます。安いT字カミソリを愛用している場合はその限りではありません。

 

自動洗浄が楽

自動洗浄はとても便利で、ヒゲを剃った後そのまま差し込む事で自動で洗浄・乾燥・充電をしてくれるので、忙しい朝の身支度を支援してくれる優れものです。ヒゲは雑菌が繁殖しやすいので、使用後にすぐ洗浄して綺麗にしてくれるのは清潔感があって好感触。

 

 

ラムダッシュ5枚刃のデメリット

替え刃が高い

電気シェーバーでも替え刃交換が必要です。オイル差しとかメンテをしっかりしていれば2年くらいは持ちますが、著しく切れ味が落ちてきたと思ったら交換です。内刃と外刃がありまして、セットで5000円くらいなのでちょっと高めです。

 

専用洗浄液が必要

自動洗浄器を使う場合は専用の「洗浄液」が必要です。普通の洗剤は一切使えません。この洗浄液が意外と高く1つ250円くらいします。1日1回の使用で1ヵ月で交換となっていますので、ランニングコストとして年間3000円程度かかります。

 

全自動洗浄充電器のメンテが必要

毎日使用していると洗浄器自体が汚れてきますので、適宜清掃する必要があります。洗浄液を交換するタイミングで清掃すると清潔に使えますが、手間っちゃ手間です。洗浄液でシェーバーの刃を洗浄するのですが、洗浄液には日々剃ったヒゲが含まれており、それを網目でこして循環させているため、液自体が結構汚いです。本来は洗浄器もこまめに清掃しないといけないと思われます。

 

まとめ

ラムダッシュメンズシェーバーはとても良い電気シェーバーです。4年使った正直な感想で言えば、シェーバー本体は確実に良い商品です。日本のヒゲに特化した、日本人の日本人による日本人のための電気シェーバーと言っても過言ではありません。個人的には5枚刃がオススメです。

 

しかし「全自動洗浄充電器は必要ない」と思います。これは確かに便利なのですが、洗浄器本体の清掃・洗浄液交換・洗浄液のコスト等を考えると、普通に自分で都度水洗いしたほうが良いです。幸いヒゲを剃る時間は超速いので、浮いた時間を水洗いに充てられます。よって、ラムダッシュメンズシェーバーを購入するならシェーバー本体だけがもっともコスパが良いでしょう。

 

とは言えヒゲは人それぞれの特性がありますので、まずはお店で実際に体験してみる事をオススメします。人によってはパナソニックでなくブラウンやフィリップスが適しているかもしれませんので。