つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【新型コロナウイルス】部署が時差出勤を認めないので勝手に時差出勤してみた結果【感染対策】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200227212836j:plain

 


新型コロナウイルスによる日本国内感染者数は25日現在136人となっており、感染者の多い都道府県は北海道39人、東京35人、愛知25人と意外にも北海道での感染者が一番多い事が判明しました。元々冬の北海道は観光客が多く、一大イベントである「札幌雪まつり」や良質のパウダースノーを求めるスキーヤー・スノーボーダーが一気に集結するため「冬のレジャー・観光地」としてはトップクラスの人気を誇ります。人がそれだけ集中すれば飛沫感染や接触感染は避けられませんので、非常にタイミングが悪かったというか、どんだけ中国人が北海道に行ってるんだって感じがしますね。


いずれにせよ国内の感染者数は増え続けており、政府はこの緊急事態に対応すべく、25日に「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を発表しました。その基本方針の中で、政府は企業に対して以下の呼びかけをしております。

 

患者・感染者との接触機会を減らす観点から、企業に対して発熱等の風邪症状が見られる職員等への休暇取得の勧奨、テレワークや時差出勤の推進等を強力に呼びかける。

 

こんな状態になるまで放っておいて今更?

 

時差出勤は感染対策になるのか

首都圏の満員電車は殺人的

首都圏エリアの上り通勤電車はカオス通り越してヘル状態です。ピーク時は電車内で繰り広げられる壮大なおしくらまんじゅうで足元が浮き、お手軽に「舞空術」が体験出来ます。そしてひとたび電車遅延が起これば、ホームは人で溢れ、駅構内では入場規制によりストレスがマッハになった社畜が不機嫌そうにスマホを弄り、いつケンカが始まってもおかしくない殺伐とした雰囲気に大変身します。

 

そんな人が密集した世紀末状態の場所に、自覚のない新型コロナウイルス感染者が紛れ込んでいたらどうなるかは想像に容易いですね。バイオハザードだったら駅ごとミサイルで消し去るレベルです。「感染予防の基本は、人が集まりやすい場所に近づかない事」なんて言われても社畜大国日本における通勤ラッシュではそんなもの無理ゲー。

 

時差出勤でピークを避ける

f:id:hayachinense:20200227215619j:plain

出典:株式会社ゼンリンデータコム

 

ゼンリンによる混雑統計データによると、電車内のおしくらまんじゅうで舞空術が可能になる時間帯は「8時前後」であり、その前後1時間がまだマシなレベルのようです。8時に電車に乗るor乗っている状態だと、いつもニコニコあなたの隣に這い寄る混沌コロナウイルスです的な感じで接触感染の恐れがあります。

 

「自分の乗っている車両に感染者は乗っていない」なんて言いきれませんので、とりあえず満員電車のピークを避けるためには、早めの出勤or遅めの出勤が必要って事ですね。

 

会社は肯定的だが部署は否定的

政府がテレワークや時差出勤を推奨している事で、うちの会社もそれを受けて部署単位でやるやらないを決めて申請すれば好きにやって良し、という見解になりました。会社が認めるなら部署も前向きに検討するだろうと思っていたのですが、他の企業が率先して時差出勤始めたら逆に普段の時間帯が快適になるんじゃね?みたいな感じで、すぐに動くよりは一旦様子見という方向に。

 

まぁ言っている事は良くわかるのですが、例えば始業1時間前倒しの時差出勤で早く出社して早く仕事を終わらせれば、それだけ早く帰れる=帰宅ラッシュも避けられる、というメリットもあると思うわけですよ。その分早く起きなければならない、残業があったらあんま意味ない、というデメリットはあるかもしれませんがね。

 

一応「試しにやってみませんか」とやんわり上司に掛け合ってみたんですが「あり寄りのなし」とイマイチな反応でした。部署の仲間は割とノってきたから案外いけると思ったんですけど、最後の牙城が中々崩せない。そうなると実践して効果を見せたほうが話早いなと思ったので、勝手に時差出勤して8時から仕事してみる事にしました。ちなみに早出手当を申請すれば普通に通るのでサービス早出ではありません。通勤ラッシュ&帰宅ラッシュを回避する事で感染リスクを軽減する検証という名目です。

 

時差出勤した結果

普段より1時間早めの電車はめちゃくちゃ空いてます。下手すりゃ座れるレベルなので、これだけで時差出勤する価値あるなぁと思いました。満員電車でおしくらまんじゅう状態になると身動きとれなくなって降りるのも一苦労ですしね。

 

で、8時から仕事始めて割とメンドイ業務を9時までに全部終わらせ、時差出勤の有効性を改めて説明したところ、意外とあっさり上司がそれを認めてくれたんですよ。んで部署全体としての時差出勤は難しそうだけど、希望者は時差出勤OKで検討してくれる方向に。HAHAHA!やってみるもんだね!

 

まとめ

私の通勤ルートに限った話になりますが、意図的に時差出勤をする事で満員電車を回避するのは余裕でした。満員電車に乗ってしまうと不特定多数の人間と接触する機会が増えてしまい、新型コロナウイルスだけでなく様々な病気に感染する恐れがあります。自分がどれだけ気をつけていても貰い事故は防げませんので、最初から不特定多数の人間に接触しない方法を選択をする事も必要なんじゃないでしょうかね。

 

まぁ問題は時差出勤を実施する企業が増えてしまったら意味無しってとこですか。うまく分散してくれると良いんですけど、こればっかりはなるようにしかならないかなぁ。