つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年2月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【17日~21日】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

S&P500は先週の穏やかな動きから一転して大波乱の週となりました。理由は言わずもがな、新型コロナウイルスです。もはや世界経済はこのウイルスに支配されており、早く何とかしないと延々とウイルスの話題ばかりになってしまいます。とりあえず困ったら新型コロナウイルスのせいにしとけば良くね?みたいな雰囲気であり、中々笑えない状況です。そんな最中でeMAXIS Slim米国株式(S&P500)はどういう値動きになってしまったのでしょうか。

 

f:id:hayachinense:20200223224730j:plain

 

お前が出てくると大丈夫じゃないんだよ

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年2月17日~21日)

アップルの業績見通しで揺れるS&P500

f:id:hayachinense:20200222214007j:plain

 
17日~18日にかけてS&P500は下落基調です。米国企業の売上高が新型コロナウイルスの感染拡大の影響により目標値に届かない事が発表されました。特にアップルは中国で生産されるiPhoneが打撃を受けており-1.8%の下落です。しかしS&P500全体で見ればそこまで深刻視されておらず、18日は後半から反発して持ち直しました。
 
19日は前日の反発を受けて続伸です。米連邦準備理事会は新型コロナウイルスの感染拡大によるリスクを指摘しつつも、年内の金利据え置きに楽観的な姿勢を見せた事から市場の不安が和らぎました。その影響を受けて前日下げたアップルが1.4%上昇し回復。情報技術・エネルギーセクターが後押しする形で上昇しS&P500は最高値を更新しました。
 
しかし20日は一転して急落。相変わらず新型コロナウイルスがやってくれました。今度は中国の北京で36人の感染者が確認され、一夜にしてラクーンシティ状態です。再熱する感染拡大に市場は一気に興覚めし、アップル・マイクロソフト・アマゾンなどが下落。S&P500は最高値から反落する形となりました。バイオハザード3がリメイクするからって、そういうところ真似しなくてもえぇやんけ。
 
21日も下落と新型コロナウイルスが止まりません。中国では刑務所内にて234人、韓国では204人の感染者が発表され、割と笑えない状態になってきました。株は軒並み売られて金や債券、ディフェンシブ株に資金が流入。S&P500は前日に続き大きく下落しました。
 

円安の影響でeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は続伸

f:id:hayachinense:20200222214026j:plain

 

S&P500は週を通して横ばい、最高値更新からの急落と非常に芳しくない動きとなりましたが、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)はしっかり上昇しました。これは19日から21日にかけてドル円が110円から112円となった大幅な円安が影響しています。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、米国株式(S&P500)による「価格変動リスク」がありますが、同時にドル円による「為替変動リスク」があり、円安に振れると日本円換算時の評価額が上がります。今回はS&P500の下落を円安で相殺したため上昇しました。

 

ドル円は2019年8月の時点で「1ドル=104.87円」でしたが、以降ジワジワと上昇を続けて2020年2月23日現在「1ドル=111.58円」です。円安により輸出業者はウハウハになっていますが、輸入業者は発狂中です。

 

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  2/17 2/18 2/19 2/20 2/21
基準価額 12,620円 12,627円 12,600円 12,815円 12,861円
前日比   7円 -27円 215円 46円
純資産総額 590億円 597億円 595億円 613億円 618億円
前日比   7億円 -2億円 18億円 5億円
 
またしても水曜日に資金が流出しています。なんか法則性でもあるのかな?と調べてみたところ、「株を買うなら水曜日」という論文があるようで、「水曜日に買って週明けに売る」売買手法が利益を出しやすいという法則があるようです。それが理由で水曜日に下落するかどうかはわかりませんが、過去の傾向から見ると強ち間違っていないかもしれません。
 

まとめ

つみたてNISA2ヵ月目のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、先週の基準価額から+255円の上昇となり、トータルリターンは+5268円となりました。S&P500は1月の大幅下落から持ち直し、2月は堅調な動きで推移しております。しかしこれくらいの時期から新型コロナウイルスが世間を脅かすようになり、株式は急落していきました。未だ明確な解決には至っておらず、まだまだ予断を許さない状況と言えます。

 

あまり大きな声で言えませんが、つみたてNISA的には不安定な相場の方が仕込み期間が長引くのでウェルカムなのですが、日本国内、ましてや住んでいる地域にまで新型コロナウイルスの魔の手が伸びてきているのは流石にいただけません。ただでさえ花粉で外出を控えているというのに。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200216162135j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200222214139j:plain