つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【コスパ最強】都会の移動手段は原付ニ種がちょうどいい件について【快速特急】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200218220911j:plain

 


先日都会での私生活において車は不要である事を再確認し、とりあえず原付ニ種があれば困らないという結論に至りました。今回は普段使っている原付ニ種のメリット・デメリットについて経験を踏まえた上でお伝えしたいと思います。バイク玄人の方には退屈な内容なので、マフラーをピカピカになるまで磨いててください。

 

ハーレーはなんでいつもピカピカなん?

 

原付ニ種(小型二輪)の魅力

原付ニ種のメリット

原付の最大2.5倍の排気量

排気量50ccを超え125cc以下または定格出力0.6kWを超え1kW以下のバイクですが、現在販売されている原付二種は110~125ccがメインです。しかし原付を一回り大きくした程度のサイズなので、知らない人から見れば原付と何も変わりません。ただしその小柄な車体に原付の2.5倍のエンジンを積んでいるので、やたら出足が鋭く加速力もあるため結構なスピードが出ます。試した事ありませんが、時速100キロくらいは出るみたいですよ。

 

時速30キロ制限と二段階右折がない

原付は大体この2つで警察に捕まります。それを完全に無視出来るのが原付二種の強みです。いやらしい白バイになると二段階右折のある交差点の死角で待ち伏せし、標識を見落として右折した原付を速攻で捕獲します。案外二段階右折の交差点て多いのよね。

 

速度オーバーについてはもう原付の宿命というか、警察のお小遣い稼ぎに貢献するために存在していると言っても過言ではないでしょう。だから私はあえて言います。警察に怯えながら原付乗るくらいなら原付二種にしろと。

 

燃費がいい

流石にカブのようなリッター60キロとかは無理ですが、私の乗ってるPCXでもリッター45キロくらいは走ります。長距離だとリッター50キロはいくので、原付二種はスピードの割に燃費が良い事がわかります。ガソリンが値上がりしても大きな痛手にはなりません。


2人乗りが出来る

免許取得から1年で2人乗りが解禁されます。まぁ後ろに乗せる人がいない場合は、正直どうでもいいですね。おとなしく抱き枕でも乗せて走りましょう。

 

駅前の駐輪場が使える

駅前にある公営の駐輪場は、ほとんど原付二種までしか駐輪出来ません。125cc以上のバイク駐輪場は極めて少ない上に料金が高いので、気軽に駐輪出来る原付二種はかなり有利です。ただ最近は子供を2人乗せるタイプの電動自転車が多くなってきており、そのサイズ感から普通の駐輪が出来ないため、原付スペースを徐々に侵食してきている事ですかね。

 

維持費が安い

自賠責保険と任意保険と軽自動車税で年間2万円かかりません。ガソリンも燃費が良いので350キロくらい走らないと給油しません。満タンにしても1000円くらいです。

 

原付二種のデメリット

免許が必要

原付は原付免許もしくは普通自動車免許があれば教習なしで乗れますが、原付ニ種は「普通ニ輪免許」が必要となります。アクセルを開けると簡単に70~80キロくらいでる恐ろしい乗物なので、しっかり教習所で練習しなければなりません。

 

私は車の免許は大学時代に合宿で取りましたが、ニ輪免許は社会人になってから取りました。仕事に行きながら教習所通うのはかなりしんどいので「バイクに乗ってみたい」と少しでも思っている人は、車の免許と一緒に取る事をオススメします。

 

教習代は普通自動車免許の有無で変わりますが、有りで大体12万円、無しで18万円くらいでしょうか。今は普通自動車免許がMTで32万円くらいなので、私が取得したときよりだいぶ高くなっている感じがします。車とバイク両方取る場合は45万円くらいかかるみたいなので、学生さんは相当バイトしないといけませんね。

 

ちなみに「原付ニ種のATスクーターだけ」乗りたい場合は「小型ニ輪AT限定」という教習代7万円程度のリーズナブルなコースも今は常設されていますので、手軽に原付二種に乗りたい人はこっちの選択もありかもしれません。

 

高速道路と自動車専用道路が走れない

一部のバイパスは走れますが、有料道路はほぼ無理です。ベイブリッジや海ほたるも通れません。遠出する場合は全て下道を通る事になるため、時間短縮の高速ワープが使えないというのは大きなデメリットですね。

 

たまに煽られる

バイクを良く知らない人からすれば、原付も原付二種も同じに見えます。ちんたら走っていると「原付のくせに生意気だぞ!」とジャイアンのように煽ってくるミニバンがたまーにいます。でも残念ながら信号待ちでサヨナラするので無視してます。

 

バイク本体や装備が必要

免許が取れてもヘルメットやバイク本体がないと風になれません。ヘルメットはARAIやSHOEIなどの一流メーカーだと3~4万円くらいします。しかし命を守る重要な装備なので、出来れば良いものを揃えたいところです。グローブやジャケットは好みによりますが、街乗り程度ならオールワークマンで十分です。

 

【スズキの原付二種】

f:id:hayachinense:20200219002559j:plain

 

問題はバイク本体ですが、スクーター限定でいけばスズキ・ホンダ・ヤマハのいずれかのメーカーから選ぶ事になります。125cc限定でいけば最安値はアドレス125の22万5500円です。高いか安いかで言えば、ホンダ・ヤマハに比べたら相当安いと思います。ここから値引きしてくれるので、スズキは本当に庶民にありがたい存在です。

 

【ホンダの原付二種】

f:id:hayachinense:20200219002607j:plain

 

それに対してホンダの最安値はリード125の31万5700円です。アドレス125と9万円くらい差がありますね。ちなみに最強と名高いスーパーカブC125は40万7000円という驚きの価格。ホンダは売れて調子に乗るとすぐこれだから困る。

 

【ヤマハの原付二種】

f:id:hayachinense:20200219002618j:plain

 

ヤマハはアクシスZが最安値で24万7500円です。人気の高いシグナスXは33万5500円、PCXに対抗して作られたNMAXは35万7500円、一時期話題になった前二輪のトリシティ125は42万3500円と、ここら辺の売れ筋ラインアップはホンダに匹敵する価格帯です。スズキの異常な安さが一際目立ちますな。

 

そんなわけで、免許取得から乗り出しまでの費用を最安値コースで考えると、

 

普二輪免許 → 7万円(自動車免許有・小型二輪AT限定)

ヘルメット → 3万円(適当でいいなら1万円)

バイク本体 → 22万円(アドレス125)

保険諸費用 → 適宜

 

ということで乗り出しまで35万円前後でしょうかね。車に比べたら安いもんです。

 

こけたら一撃死

一番重要なデメリットを忘れていました。生身の人間が鉄の塊に跨り、車と同じスピードで道路を走るわけですから、不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったら軽傷ではすみません。良くて重症、悪くて即死です。自分がいくら気をつけていても、貰い事故は防げません。教習所でこの手の話は嫌というほど聞かされます。それを覚悟してバイクに乗っている、という事を忘れないようにしたいものです。何が起こってもいいように、基本はキープレフトです。

 

まとめ

こけたら一撃死というスペランカーのようなデメリットはあるものの、それを上回るメリットがあると私は思っているので、今でもバイクに乗っています。ていうかワークマンが辺鄙なところにあるからバイクじゃないと行けないのが困ります。こけたら一撃死だけどね。

 

うちのPCXは食材とかたくさん持ち帰れるようにリアボックス付けて積載力上げてますし、1泊2日のプチ旅行もこなしてます。もはや私の生活になくてはならない存在となっており、使い方次第ではありますが原付二種は都会の生活にマッチした乗物なんじゃないかなと思ってます。こけたら一撃死だけどね。