つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【維持費高すぎ】車が必要か考えてみたけどやっぱり不要だった件【若者の車離れ】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200217214850j:plain

 


私の住んでいる地域は電車・バスなどの公共交通機関が比較的揃っているので、車がなくても移動に困る事はありませんが、ホームセンターで嵩張る商品を買おうとするとき、たま~に「さて、どうしようかな」と困る事があります。直近で言えばカーテンレールとか木板とかコタツ布団のような嵩張る商品ですかね。

 

頑張れば持ち帰れない事もないのですが、大抵ホームセンターって交通の便が悪いところにあるっていうね。なので大きい買物は店舗で現物見て、スマホで注文・決済・配送するという流れがほとんどです。全く便利な世の中になりました。


一時期こういうときのために車1台くらいを所持しとくべきかなと考えた事がありましたが、なんかもうネット通販が充実しすぎて「買物のために車を買う」という考えが完全に消え去ってました。買物以外の用途で使うとなると、コップに水を入れてこぼさない様にドリフトするくらいしか思いつきません。しかし私は別に豆腐屋じゃないので、峠を攻めたりする趣味は生憎持ち合わせていません。

 

一万一千回転まできっちり回せ!

 

 

自動車は贅沢品になった

10年間で車体価格が10~23%UP

車一台作り上げるコストは年々増加傾向にあり、10年前に比べて価格上昇の大きいものだと最大で23%UPと中々笑えない値上率です。軽自動車の代表格であるスズキ「ワゴンR」は一番低いグレードで104万円ほどでしたが、10年で117万円と約13%上昇。ホンダ「フィット」は134万円→165万円と約23%上昇、日産「セレナ」は216万円→244万円と約13%上昇と軒並み10%以上は当たり前です。

 

消費税増税もありましたが、それに伴う材料費や人件費も上乗せされており、更には安全装備の充実が求められるようになったため開発コストもズシリとのってきます。日本の技術の結晶である車は今や素晴らしい性能を持つ移動手段となりましたが、気軽に買えるような値段ではなくなってきたのも事実です。NBOXカスタムGターボ4WD・ホンダセンシングなんてオプションなしで200万円超えてくる軽自動車だから末恐ろしい。

 

維持費も年々値上がり

ざっくり年間平均維持費は駐車場代込で、軽自動車38万円、小型車44万円、ミニバン50万円くらいとなっており、10年維持するだけで380万円~500万円はかかる計算になります。仮に160万円の小型車を買うと10年でトータル600万円、1年あたり60万円です。

 

はたして年間60万円の価値を車に見出せるか?と言われたら、車好き・車がないと生活出来ない地域でもない限り趣味の世界だと思います。「月5万円自由に使えるなら何に使う?」と今の若者に質問したら「車」という選択肢はまずないんじゃないでしょうかね。お年玉やバイト代をソシャゲのガチャに平気でぶち込むような時代ですし。

 

移動手段を車に固定しない

車があると必ず車を使います。私がそうでした。実家住まいの時は近場であろうとなんだろうと外出するときは車使ってました。だって便利なんですもん。ガソリン代くらいは払ってましたけど(燃費超悪いレガシィ)、維持費なんて全部親持ちですから知ったこっちゃありません。

 

でも実家出て暮らすようになってからは、車が無いなら無いなりの生活の仕方があるわけです。流石にフリーな移動手段がないのはキツイんでPCX買いましたけど、ぶっちゃけ車なんてなくても私の住んでいる地域は問題ありませんでした。「月5万円自由に使えるなら何に使う?」という質問に対して、即座に「投信にぶち込む」と答えるレベルです。まぁ交通インフラが整っている地域に限定されてしまう話ではあるんですけどね。

 

まとめ

現状の私生活では、車はあれば便利ですがなくても困りません。嵩張る買物はネット通販で済みますし、ちょっとした移動や夜中の緊急出動はPCXで済みます。PCXも一応維持費がかかりますが、軽自動車税・自賠責保険・任意保険だけなんで年間2万円でお釣りきます。転んだら死ぬけど、原二はコスパ良すぎですね。

 

そんなわけで、よほど湾岸ミッドナイトしたくならない限り、今の私には車は不要という事で落ち着きました。しかし魔が差してノートe-POWER NISMOを試乗したときは流石にアドレナリン出てヤバかったので、気をつけようと思いました。