つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年2月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【10日~14日】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

楽天証券でつみたてNISAをやってはいるものの、最近気になるのは楽天自体の評判がすこぶる悪い事です。送料無料化を巡るいざこざで公取の立ち入り検査を受けたり、その影響で8年ぶりに最終赤字に転落していたりと悪い話しかありません。楽天はBtoCは強いんですけど、BtoBだとロクな事しないから嫌われるんだよね。

 

現在は楽天経済圏に片足突っ込んだ状態で投資生活していますが、いずれ投資信託の振替も考慮しないといけない時が来るかもしれません。まぁeMAXIS Slim米国株式(S&P500)とグローバル3倍3分法しか所持していないので、振替手続きは簡単そうではありますが。

 

のっけから愚痴で始まりましたが、先週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)のご様子を確認していきましょう。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年2月10日~14日)

11日以降は横ばいのS&P500

f:id:hayachinense:20200215214430j:plain

 
7日の下落から一転して米国株式市場は10日に反発し、S&P500は過去最高値を更新しました。中国の旧正月である春節期間が終了して通常運行に戻った事が要因となったようですが、世間を騒がせている新型コロナウイルスは未だ猛威を振るっているため懸念は払拭されていません。しかしそんなの関係ねぇとばかりに米国株式に大量の買いが入っており、もはや程度の軽いネガティブニュースでは動じなくなっています。
 
11日は中国当局が「新型コロナウイルスは4月で終わる」と発表したため市場は引き続きリスクオンへ。S&P500は前日の最高値を更新しましたが、上がり幅は限定的でした。いずれにせよパンデミックが終焉を迎えるというポジティブニュースが出てきたのはとても喜ばしい事です。オリンピック前には是非消え去ってもらいたいですね。
 
12日は引き続き楽観モードです。新たに中国で確認された新型コロナウイルスの感染者は2015人と感染スピードが鈍化している事が安心材料となり、幅広い買いが入りました。米国株式市場は安定化してきてはいるもののまだ様子見段階であり、上がり幅は前日に引き続き限定的となりました。
 
13日は楽観モードから一転し反落。新型コロナウイルスによる感染者は鈍化したと言いながら、翌日に感染者+死者が急増と発表された事で一気にリスクオフ。しかし売りは続かず速攻で買戻されました。ビビッて売った人が完全に遊ばれています。
 
14日も前日の影響を受けて終日軟調な動きとなりました。S&P500の主要11セクター中7セクターが下落しましたが、ディフェンシブ銘柄の公益事業・主要消費財株が上げた事で相殺し、下げ幅は限定的です。新型コロナウイルスによるネガティブニュースに反応しづらくなっており、現状底堅く推移しています。
 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は続伸

f:id:hayachinense:20200216161518j:plain

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、10日反発後に上昇し最高値を更新しました。年始から約5%のトータルリターンとなっており、楽天カードによる月初買付は見事にマイナス圏で約定しています。こういうタイミングで40万円一括購入すると美味しいんでしょうけど、ここから更に下がるかもって考えちゃうと一括は勇気いりますな。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  2/10 2/11 2/12 2/13 2/14
基準価額 12,402円 12,402円 12,536円 12,625円 12,606円
前日比   0円 134円 89円 -19円
純資産総額 568億円 568億円 576億円 583億円 587億円
前日比   0億円 8億円 7億円 4億円
 
基準価額は14日にちょいとマイナスが出ましたが、概ね良好な動きです。純資産総額も順調に増えており、先日の楽天証券買付ランキングでは楽天・全米株式を抜き1位となりました。
 
1月18日に発表された「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」では楽天・全米株式に2倍差をつけるポイントを獲得して2位に入りましたので、徐々にその影響が買付ランキングにも出始めているのかもしれません。やはり長期投資における信託報酬の安さは見逃せません。
 

まとめ

2月第3週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、S&P500の上昇によりプラスの結果となりました。新型コロナウイルスは4月で終息するとの見通しが発表されており、世界経済は落ち着きを見せ始めております。最近はネガティブニュースばかりが目立ちましたので、もう少し明るいニュースが増えると良いですね。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200208213854j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200216162135j:plain