つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【PET素材】スマホの保護フィルムは結局アンチグレアに落ち着く件【ガラス素材】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200212231244j:plain

 

 

普段使用しているiPhone8の保護フィルムを、ダイソーの100円ガラスフィルムからラスタバナナの指紋・反射防止アンチグレア保護フィルムに変更しました。たまたま覗いたヤマダ電機でワゴンセールされてて400円くらいでした。流石にiPhone8を使っている人も数が限られてきましたから、iPhone8用は投げ売り状態になっていますね。でもなくなったら困るから在庫は残しといてクレメンス。

 

で、今まで色々な保護フィルムやガラスフィルムを使ってきたのですが、結局最後はアンチグレアに落ち着くんです。あの独特のサラサラ感に慣れてしまうと、グレアフィルムはどうしても操作にモタツキを感じてストレスがマッハになるんですよね。画面が綺麗っていうメリットはあるんですけど、やはりスマホは操作してなんぼの代物ですからアンチグレアに戻ってくるという。

 

ゲームをするならアンチグレア

スマホゲーは操作が命

スマホを所持している以上、暇潰しの代名詞であるゲームをしないわけにはいかない。という事で、私がスマホを所持してから一番最初にやったゲームは「メルクストーリア」というゲームでした。いわゆるラインストラテジーRPGというもので、フリックを多用するゲームだったため、普通の画面では指が引っ掛かりまともに操作出来ませんでした。そこで初めてアンチグレアの保護フィルムを使い、そのサラサラ感に感動です。

 

でもスマホゲーって1年目は楽しくて2年目は惰性モードに入るんですよ。ある日を境にふと我に返り、いきなりやめました。多分飽きたんだと思います。で、ゲームやらないのにアンチグレアだと画面見づらくね?と賢者タイムに入り、引っぺがしてグレアのガラスフィルムに貼り替え。折角iPhoneの画面は綺麗なのに、アンチグレア貼ったらそれも台無しですからね。

 

ゲームの周期がくる

熱中したゲームを急にやめると暫くの間ゲームに全く興味がなくなるのですが、それがある程度落ち着いてくると急にまた何かゲームがやりたくなる周期ってあると思います。メルクストーリアをやめた次に手を出したのは「白猫プロジェクト」でした。

 

ワンフィンガーアクションRPGなので、またもスライド・フリックを多用するためグレアフィルムでは指が引っ掛かって手に負えません。速攻で引っぺがしてアンチグレアに貼り替えです。これもすぐ飽きると思っていたのですが、意外とハマってしまって2年くらいはしっかり遊んでいたと思います。でも惰性モードという名の賢者タイムに入るとスパっとやめてしまいます。なんだろね、飽き性なのかね。

 

で、また暫くゲームをやらなくなって、アンチグレアうぜーってな感じで引っぺがしてグレアのガラスフィルムに貼り替えです。でも毎回ヨドバシでフィルム買って貼り付けサービス利用するのも無駄なお金かかるわなと悟り、ダイソーの100円ガラスフィルムに手を出しました。そしたら案外100円のくせに良い性能しててすっかり愛用者に。使い捨て前提で買ったらすげぇ長持ちするから困る。

 

再びゲームの周期がくる

二度ある事は三度ある、白猫の次は「ファイアーエムブレムヒーローズ」です。でもこれはシミュレーションRPGなのでアンチグレアである必要がなく、グレアのままで遊んでました。でもやっぱり2年目で賢者タイムに入るんですよ。同じゲームは2年で飽きる病気なんじゃないでしょうかね。

 

で、暫く離れてまたゲーム熱が再開して今ガルパ。これはもうグレアフィルムだと確実に詰むのでアンチグレアに変更です。ちなみにダイソー・セリア・キャンドゥなどの100円ショップを色々まわってみたんですが、アンチグレアは売ってなかったです。場所によっては売っているみたいなんですけどね。

 

まとめ

グレアとアンチグレアは一長一短であり、スマホの用途によって使い分けをしたいところですが、ゲームをやる場合は結局アンチグレア一強になってしまいます。しかしアンチグレアはPET素材の保護フィルムが主流であり、傷にとんでもなく弱いのが個人的にマイナス要因です。一応傷に強いアンチグレアのガラスフィルムもあるのですが、触った感じがPET素材のそれと異なって指の滑りがイマイチでした。

 

100円ショップにアンチグレアがあれば一番良いのですが、残念ながら私の生活圏には取り扱う店が存在しないようです。仕方ないので家電量販店のワゴンセール時に買い溜めしておくしかなさそうですね。