つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年1月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【20日~24日】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

日本国内で4例目の新型コロナウイルス感染者が出たようです。感染力はそんなに高くないという話でしたが、1人の患者から15人の医療従事者に感染したという事例が出ており、普通にヤバイんですけど状態になりつつあります。外出する際はマスクをして帰ったら手洗い・うがいをこまめにして、不特定多数の人間が集まる場所には極力近づかないように!って言われましてもねぇ?今日ヨドバシ行ったら普通に中国の方が買物してましたよ?

 

引き籠るしかない、自宅に

 

それはさておき1月第4週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)ですが、米国にも新型コロナウイルスが絶賛進行中という事で、米国株式に結構なダメージを与えているようです。もうホント世界の国々は中国人入国禁止にしたほうがいいと思うよ、リアルで。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年1月20日~24日)

横ばいからジワ下がり

f:id:hayachinense:20200126143824j:plain

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は20~21日と続けて最高値を更新しましたが、米国内で例の新型コロナウイルスによる初の患者が出たと発表された途端に米国株式の売りが加速。ウイルスが確認された国の株式はとりあえず売るという展開は、日本だけでなく米国にも影響が及びました。中国の旧正月である春節による大型連休前という事もあり、旅行関連の株式が集中的に売られました。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  1/20 1/21 1/22 1/23 1/24
基準価額 12,460円 12,465円 12,395円 12,378円 12,378円
前日比   5円 -70円 -17円 0円
純資産総額 501億円 505億円 502億円 515億円 520億円
前日比   4億円 -3億円 13億円 5億円

 

22日はウイルス騒ぎの影響もあり、残念ながら3億円の流出です。「ウイルス如きで株式が売られるわけがない」、そんな風に思っていた時期が私にもありましたが、ネガティブな材料なんで仕方ない感じでしょうか。ラクーンシティみたいに街中にT-ウイルスが蔓延していたら、街一個分の損害は覚悟しないといけませんしね。全く中国は大変なものを持ってきてくれました。

 

急落するS&P500

f:id:hayachinense:20200126154301j:plain

 
20日は米国株式市場は休場。21日は新型コロナウイルスの感染が拡大の影響と世界経済見通しの下方修正によりS&P500の主要11セクターのうちエネルギー・工業・素材など7セクターが下落。しかし不動産・半導体・自動車などが上昇した事で下落を抑制しました。
 
22日は前日から小幅に上昇。ウイルス懸念を補う形でIT株が上昇。IBMの堅調な業績見通しが上げを主導しました。しかしながらウイルス拡大の影響は世界的に警戒態勢が敷かれており、世界保健機関(WHO)が「国際的な公衆衛生上の緊急事態」に相当するかどうかを判断するための会合を開催しましたが、結果を待たずに売りが先行した結果、23日にかかる形で下落が続きました。
 
引き続き下落が続くと思われた23日は、製薬大手ギリアド・サイエンシズの取り扱う「エボラ用試験薬」が新型コロナウイルスの治癒に利用出来るかもしれない的な公表により、一気に市場はプラス圏へ回復しました。また前日会合が行われた世界保健機関(WHO)は「国際的な公衆衛生上の緊急事態と判断するには時期尚早」との判断を下した事で、市場は再び買いの動きとなりました。
 
しかし24日、米国で2人目のウイルス感染者が確認され、3人目も近く発表される事が明らかになりました。この報道により、17年前の重症急性呼吸器症候群(SARS)のようなパンデミックが起こる可能性も十分ありえるとの警戒から売りが集中し、S&P500は急落。3300を一気に割り込みましたが、買戻しにより一旦落ち着きを見せております。
 
 

まとめ

新型コロナウイルスの影響でS&P500は24日以降大きく下落となりました。週明け1月第5週のeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は下落からスタートする事が予想されます。米国株式は史上最高値圏を推移している事もあり、ウイルスの話題が長引くと売りが加速しそうですね。安全資産の金と米国債が上昇していますので、米国株式は暫く苦戦が続くかもしれません。

 

【Before】

f:id:hayachinense:20200120220847j:plain

【After】

f:id:hayachinense:20200126162940j:plain