つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【縁なし】メガネのツーポイントフレームが絶滅危惧種な件について【リムレス】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200121222307j:plain

 


バイクに乗るときへルメットをかぶりますが、SHOEIのフルフェイスやジェットヘルメットはメガネをしたままだと上手くかぶれません。メガネのテンプルが収まるようにヘルメット内部にスリットの設計はありますが、メガネをはずしてかぶらないとフレームがひっかかるという欠点があります。


なので「メガネ外す→ヘルメットかぶる→メガネをつける」という3工程が必要となるのですが、久々に誤ってメガネをつけたままヘルメットをかぶってしまい、ひっかかってはずれたメガネをコンクリの上に落とすというアクシデントが発生しました。


普段使用しているメガネは「ツーポイントフレーム」という所謂「縁なしメガネ」でして、レンズむき出しのため「コンクリ落下=即死」というスペランカー仕様。フレームはチタン素材なので一応頑丈なのですが、レンズは落としたら大抵即死です。メガネ落としてレンズをダメにしたのはこれで2回目であり、残念ながら今回も欠けと擦り傷の2コンボで無事死亡となりました。

 

ハードラックとダンスっちまった

 

メガネをフレームごと新調するか否か

フレームも意外とガタがきていた

f:id:hayachinense:20200121230247j:plain

 

購入した店でフレーム調整やネジ交換など定期的なメンテナンスは行っていたものの、今回の一件で改めて細部を確認したところ、ヒンジ部分の歪みやテンプルの塗装剥がれなどで結構ボロくなっている事に今更気がつきました。

 

これだけあちこち酷い状態になっていると流石にレンズ交換だけではダメそうなので、フレームごと買い替えたほうが良いと判断しました。一応緊急用のスペアメガネはあるので現状は問題ありませんが、早い段階で新しいメガネを作らないと生活に支障が出てしまいます。

 

お古のスペアだから度が微妙にあってないのよ

 

ツーポイントじゃないとダメな理由

今使用しているメガネは「KATHARINE HAMNETT LONDON(キャサリンハムネットロンドン)」のKH9018というツーポイントフレームですが、メガネのブランド自体は別にどうでもよくて「とにかくツーポイントであること」が絶対条件です。個人的にフレームが視界に入るのが気にいらないというか、視界は出来るだけクリアにしたいというこだわりがあるためです。目が悪い以上、更に視界を狭めるのは怖い。


一時期ナイロールやアンダーリムのメガネに挑戦した事もありましたが、フレームが上だろうと下だろうと、とにかく気になるのでお蔵入り。コンタクトも挑戦しましたが、眼精疲労が酷かったためお蔵入り。レーシックは目にビーム撃たれて何かあったら困るのでそもそも無理ゲー。目が悪いくせにわがままですが、もう体がそうなってしまっているので変えようがありません。

 

目が悪いってホント損や


色々なメガネ屋に行ってみた

目が悪い人にとってメガネは「宝具」みたいなもんです。メガネがないと聖杯戦争は生き残れません。早急に手配する必要があるので、午後半休使ってメガネスーパー・眼鏡市場・メガネドラッグ・Zoff・JINS等々、知名度のあるメガネ屋を色々まわることにしました。

 

しかし、残念ながらツーポイントに関しては過去に見た事があるシリーズばかりで、ニューモデルはほとんどありません。そもそもツーポイントはレンズに穴をあけるため加工技術がそれなりに要求されるので、格安メガネを取り扱う店ではコスト問題からほとんど取り扱ってないらしいんですよね。999.9(フォーナインズ)のような高級メガネ店いけば満足いく品があるんでしょうけど、フレーム+レンズで10万円以上するから落として割ったら絶望感が半端ない。コンクリに落とすの前提じゃないですけど、量販店で妥協せざるをえない。

 

で、メガネ見ながら店員さんに色々聞いたのですが、どの店でも口を揃えて言ってくる事は「ツーポイントはデメリットが多すぎて不人気」というフレーズ。デメリット多すぎってのは私自身もよくわかっているのですが、改めて言われるとショックやわ。完全になくなる事はなさそうですが、量販店だと選択肢が少なくて困っちゃいますね。

 

無難なのはメガネスーパーと眼鏡市場

見に行った実店舗でツーポイント加工・メンテ技術に自信があり、比較的近場にあるのはメガネスーパーと眼鏡市場。経験上ツーポイントはとにかくアフターケアが重要なので、実店舗が近場にないと困ります。両方で買ったことありますけど、主観は大体こんな感じ。

 

メガネスーパー

●フレームとレンズは別価格

●検眼料・メガネ加工料が別途かかる

●同じフレームなのに価格が店舗ごとに異なる

●ツーポイントフレームの種類が少ない

●レンズはHOYAなど高品質なものが選択出来る

●フルセットで買うと結構高いが「株主優待」で大幅割引できる

 

眼鏡市場

●フレームとレンズで一式価格

●検眼料・メガネ加工料はなし

●店舗ごとにフレームの種類がバラバラ

●ツーポイントフレームの種類はそこそこ

●レンズのメーカー選択が出来ない

●日本製が少ない

 

今回は眼鏡市場にした

メガネスーパーは株主優待をヤフオクで落札して超割引で購入出来るのですが、そもそも気に入ったフレームがないと話になりません。今回は良さげなツーポイントがなかったので眼鏡市場を選択しました。

 

f:id:hayachinense:20200122204926j:plain

 

19800円のRESPONSE9(レスポンス・ナイン)RES-032に3300円のレンズ傷防止オプションをつけて「23100円」でした。レンズ削りは無料で出来るという事だったので、デフォルトのレンズ高29mmを3mm削って「26mm」に加工依頼。このレンズ高26mmは見え方・サイズ感的に一番しっくりくるので、無料だろうが有料だろうが毎回頼んでいます。お安く済ませましたが、まぁ消耗品なんで1~2年持てば十分でしょう。

 

残念ながらレンズ加工が入ると納期が「1週間後」らしく、即日受渡は出来ませんでした。1週間スペアだとキツイですが、我慢するしかなさそうです。

 

まとめ

ツーポイントフレームはメガネ量販店ではほとんど見かけなくなりました。需要がないため新製品を開発して大々的に広告を出す、なんて事は今後ほとんどないと思っています。そうなると私のようなツーポイントユーザーは選択肢の幅が狭まってしまい、いざ買い替えの時は「有るもの」で我慢するしかありません。需要と供給が一致しない以上ツーポイントが淘汰されていくのは仕方ない事なんですけどね。