つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【もうゴールしても】ワークマンの安全靴が寿命を迎えた件について【いいよね】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200118225815j:plain

 

 

ビジネスシューズとして愛用していたワークマンの安全靴S2200 ロッキーワークセーフティがついにお亡くなりになりました。ほぼ毎日通勤で履き続け、苦難を共にしてきた相棒とも呼べる存在でしたが、1年と8ヵ月という長きにわたり酷使し続けた結果、両足の靴底に修復不可能な穴(亀裂)が生じたため、天に召されました。もう、ゴールしてもいいよね。

 

観鈴ーーーっ!

 

 

この記事を書いている段階では靴底はまだしっかり残っているので大丈夫だと思っていたのですが、靴底で最も弱い部分にダメージが蓄積していたようです。

 

S2200 ロッキーワークセーフティの弱点

上からの衝撃には強いが下からは弱い

f:id:hayachinense:20200118233549j:plain

 

S2200 ロッキーワークセーフティの靴底には、十字っぽい箇所があります。どうやらここが一番のウィークポイントのようで、雨の中歩いていたら両足が妙に冷たかったので、裏返して確認したところ見事に裂けてました。

 

最初は靴底修理のリペアキットとか靴底用接着剤で直せるか挑戦してみたのですが、結構深く裂けていたため断念。普通に平らなところを歩いていたら裂ける事はないと思われるのですが、平気で砂利道とか歩いていたのが失敗だったかもしれません。この十字部分に尖った砂利が挟まった状態で体重かかったら、そらダメージでかいわな。

 

もっとも、かかと部分は溝がほとんどないくらいすり減っていますので、遅かれ早かれダメになっていたかもしれませんが。表面は固い合皮+鋼芯なので物落としても何ともない強度。しかし靴底は残念ながらよくある普通の靴底だったようです。表面は綺麗な顔しているので、まだまだ使えると思っていたのになぁ。

 

f:id:hayachinense:20200118233540j:plain

 

ウソみたいだろ、死んでるんだぜ、それで

 

検証終了

ワークマンの安全靴「S2200 ロッキーワークセーフティ」は、ほぼ毎日通勤で履いて1年8ヵ月で靴底に穴が開いて昇天、という結果になりました。でもアスファルトのような平らな道しか歩かなければ、もっと長持ちすると思われます。突き上げがわかるような凹凸が激しい道を歩くには向いていないというか、歩いちゃダメなレベルでしょう。

 

しかしながら、2954円というアホみたいな安さでこれだけ持てばコスパ抜群です。最初は安すぎる靴はすぐダメになると考えていましたが、安くても良いものはあるって事ですね。無名ブランドの安いビジネスシューズはホントにダメですけど。

 

まとめ

今回でS2200 ロッキーワークセーフティとはお別れになってしまいますが、個人的にはかなり気に入っているのでリピートしたいと考えています。しかし現在は在庫品のみの取り扱いとなっており、店頭にはない可能性があるそうです。暫くワークマンに行ってませんでしたので、近々行って確認してきます。もしかしたら新作や代わりの安全靴があるかもしれませんしね。