つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2020年1月第2週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【6日~10日】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20200113164700j:plain

 

 

昨年からの予定通り、今年からつみたてNISAを開始する事になりました。令和2年度税制改正大綱で、勘定設定期間が2037年12月31日から2042年12月31日までとなり、5年延長される事が決まったので安心して始められます。一応現段階では2023年までに始めれば非課税投資期間が20年確保出来ますが、「いつ始めても20年」に変更される見通しもありますので、若い世代は資産形成のツールの1つとして、つみたてNISAの活用を視野に入れておくと良いかもしれませんね。

 

さて、先行して積立を始めているグローバル3倍3分法は現在週ごとに推移の確認をしておりますが、つみたてNISAを始めたので今後はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)も追っていこうと思います。約8年後に償還予定のグローバル3倍3分法はさておき、つみたてNISAは最大で20年お付き合いする恋人というか嫁みたいな存在になるわけですから、一応状況は把握しておきたいところです。

 

お付き合い前の事前情報はわかっていますが、問題は付き合った後です。あまりに愛が深すぎて「大丈夫よ、由乃が守ってあげるもの。ね、ユッキー」なんて言われた日にはたまったもんじゃありません。ガンジーでも助走をつけて逃げ出すレベルです。

 

すぐに我妻由乃だすなや

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の推移(2020年1月6日~10日)

12月初旬から年始にかけて強い上昇

f:id:hayachinense:20200113012203j:plain

 

eMAXIS Slim米国株式は昨年の12月初旬にやや下落となりましたが、その後年末にかけて5%以上の上昇となりました。年始は例の米国・イラン問題でリスク回避の売りが先行しましたが、日経平均株価のような大幅下落は起こりませんでした。

 

 

しかしウクライナ国際空港の旅客機撃墜をイランが認めたことで、イランの首都であるテヘランでは抗議活動が激化しております。デモ参加者と治安部隊が衝突したりと非常に危険な状態に陥っていますので、ちょっと穏やかじゃなくなってきましたね。トランプ大統領は抗議デモ参加者を支持しており、イラン指導部にけん制のツイートを投げているようなので、また一悶着ありそうな気がします。全く困ったものです。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 週間推移
  1/6 1/7 1/8 1/9 1/10
基準価額 11,873円 11,951円 11,851円 12,066円 12,185円
前日比   78円 -100円 215円 119円
純資産総額 439億円 444億円 451億円 463億円 469億円
前日比   5億円 7億円 12億円 6億円

 

リスク回避により1月8日に下落の兆候がありましたが、グローバル3倍3分法のように純資産総額が減る事はありませんでした。eMAXIS Slim米国株式はつみたてNISAでの買付が主流となっていますので、ここで焦って売ってしまうと非課税枠が非常に勿体ない事になります。焦らずじっくり積立していきましょう。

 

S&P500は年始から堅調な動き

f:id:hayachinense:20200113181253j:plain

 
 
米国・イラン問題を感じさせない底堅い展開です。6日はIT株が先行して買われていましたが原油高によりエネルギー指数も上昇しました。7日は原油価格が下落した事でエクソンモービルなどの先日買われていたエネルギー株が売られる展開となりましたが、半導体株が買われる事で下落をフォロー。
 
8日はトランプ大統領のイラン問題に対する前向きなツイートのおかげで、市場の緊張は緩和され買いが先行しました。相変わらずトランプ大統領のツイートは影響力抜群です。9日は主要株価3指数が最高値を更新。iPhoneが中国で売れまくっているようで、アップル株が急上昇です。私のiPhoneは未だに8なんですけど、最新型高すぎて買えない問題。
 
10日はイランがイラク国内にある米軍基地を空爆。米国はすぐさまイランに対して追加制裁を発表したため株価は急落です。昨年は米中貿易摩擦で不安定な状態が続きましたが、今年は米国・イラン問題が尾を引きそうな予感。東京オリンピックまでになんとかしないと色々障害が出そうですね。
 

まとめ

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500に連動する投資成果を目指すインデックス投資信託です。米国のあらゆる状況に影響されるため、現在起こっているイラン問題はかなりの不安材料である事は間違いありません。

 

投資対象としては米国株式100%という事でハイリスクハイリターンな運用となりますが、つみたてNISAで長い年月をかけながら取り組んでいく事で良い結果となるように積立していきたいと思います。

 

f:id:hayachinense:20200113204658j:plain