つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【USA360】2019年の楽天・米国レバレッジバランス・ファンドまとめ【そこそこ好調】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20200102222138j:plain

 

2019年12月30日に大納会となり、日本市場は冬休みに入りました。裏では米国市場が動いておりますが、今のところ大きな動きはないようなので、年始の大発会は通常通りのスタートとなりそうです。まぁ何事もないのが一番ですね。

 

さて、昨年はグローバル3倍3分法の影響により、たくさんのレバレッジ型バランスファンドが誕生いたしました。中でもUSA360こと楽天・米国レバレッジバランス・ファンドは、「楽天VTI+米国債券」という単純明快な組み合わせで一躍有名となりました。

 

 

過去30年のシミュレーション結果で、米国株式8.4%に対してUSA360は17.0%とかなりエグいトータル・リターンを出す事から、初月は買いが殺到していました。個人的に大人気ファンドになると思っていたのですが、レバレッジ型に慣れてしまったせいなのか、現在はそこまで勢いがないように感じます。

 

米国株式はつみたてNISA対象商品が豊富だからね

 

2019年のUSA360の推移

2019年のトータル・リターンは+4.60%

f:id:hayachinense:20200102230211j:plain

 

2019年11月5日から運用開始となり、12月30日の時点で基準価額は10460円、トータル・リターンは+4.60%となりました。100万円分買っていたら+4.6万円ですね。2019年後半は米国株式の伸びが凄かったので、12月前半に買っていたら年末まで誰でも儲かってました。楽天VTIも短期間とはいえ+6.13%と中々のパフォーマンスです。

 

f:id:hayachinense:20200102231601j:plain

 

12月第4週から米国国債も上昇しており、USA360に貢献。大納会で楽天VTIは少々下げましたが、債券270%で上手くフォローしており最終日も安定した上昇で終えています。USA360の強みは株式の下落タイミングで債券のフォローが入るところだと思います。

 

純資産総額があまり増えていない

f:id:hayachinense:20200103000149j:plain

 

約2ヵ月間で12.48億円と全体で見れば上々の資金流入ですが、実は12月に入ってから純資産総額は伸び悩んでいるというか、むしろたまに減るという状態が起こっています。単純に12月は米国株式オンリーほうが伸びが良く、債券入れるとリターンが落ちるのでUSA360は避けたという感じでしょうか。逆にeMAXIS Slim米国株式は純資産総額が伸びているので、つまりはそういう事かもしれませんね。

 

本家VTIは年末年始往って来い

f:id:hayachinense:20200102233152j:plain

 

日本市場クローズ後、裏で動く米国市場では年末最後の利確なのかVTIが急落。しかし1月2日の年始最初の取引で買戻しがあり、急上昇中の往って来いとなっています。休む時はとことん休んで仕事するときはきっちりする、というアメリカらしさ滲み出るワンダフルな動きです。1月6日におはぎゃーする事はなさそうですな。

 

まとめ

一時期話題となったUSA360ですが、2019年はそこそこのスタートだったと言えます。同じレバレッジ型バランスファンドのグローバル3倍3分法と何かと比較されがちですが、資産対象の方向性が全然違うので完全に別物と考えたほうが良いでしょう。むしろグローバル3倍3分法に足りない株式部分をUSA360で補うという「レバレッジ2本立て」という考え方もあるようなので、ちょっとしたアクセントとしてポートフォリオに組み込むと面白いかもしれませんね。