つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【WORKING!!】学生時代のアルバイトのメリット・デメリット【はたらく魔王さま!】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20191226230904j:plain

 

学生は遊ぶ時間があってもお金がない、社会人はお金があっても遊ぶ時間がない、というトレードオフの関係は今も昔もあまり変わらない事案です。特に学生時代は遊び真っ盛りで、いかにしてお小遣いでやりくりするかという意識が芽生え始め、お金の大切さを知る時期です。

 

親から貰っていたお小遣いの金額はあまり覚えていませんが、少なくとも遊びに対して満足出来るような額ではなかったため、いつも不満を抱いていたと思います。その反動からアルバイトが解禁される高校時代は「欲しいものは自分で手に入れる」という欲望を糧に必死に働きましたが、良い事もあれば悪い事もたくさんありました。

 

最近始めたTwitterで、現役高校生の方がソシャゲに夢中で課金するためにアルバイトを始めようか迷っている、みたいなツイートを見かけました。親から貰うお小遣いでなく、自分で稼ごうというその心意気や良し!でもソシャゲは沼なんでご利用は計画的にという注意を挟みつつ、私が学生時代にやった数々のアルバイトを紹介します。

 

アルバイトなんかしなくても、お金も遊ぶ時間もありまくる財閥系のボンボン息子は「俺様の美技に酔いな」とか言いながらテニスしててください。

 

ワシの波動球は百八式まであるぞ

 

学生時代にやったアルバイト

アルバイトの種類は全部で8つ

私が高校生~大学生の7年間でやったアルバイトは、「ケーキ屋」「投票所」「引っ越し」「冷凍倉庫」「焼き鳥屋」「コンビニ」「家庭教師」「交通整備」の8つです。その中でコンビニが一番長く、大学入学から卒業まで4年間やってました。日当が良い単発バイトも何回かやりましたが、基本的にガテン系なので好みが分かれそうです。

 

以下、5段階評価で表してみました。

ケーキ屋

●時 給:☆☆☆

●難易度:☆☆☆

●疲労度:☆

 

高校1年のとき、人生で初めて働いたのがケーキ屋です。よくある全国展開している大手ではなく、地場密着型のケーキ屋。といってもその道ではかなり有名なところらしい。仕事内容は接客3割・内勤7割。接客はよくある対面式のケーキ販売ですが、基本的に女の子の仕事なので人手が足りないときだけやってました。接客の極意みたいなのをここで叩き込まれたおかげで、のちのコンビニでそれが活きました。

 

メインは工場で作られたお菓子やケーキをイベント内容に沿ってラッピング加工する仕事。元々手先は器用なほうだったので、仕事としては凄い楽でした。クリスマスの時期はラッピング量が半端ないので結構エグイ労働時間となりましたが、だいぶ稼がせてもらいました。売れ残ってダメになったお菓子やケーキは好きに持って帰れたので、私が甘党になったのはこのアルバイトのせいです。時給は850円で3年くらい働きました。

 

投票所

●時 給:☆☆☆☆

●難易度:☆

●疲労度:☆☆

 

知り合いの伝手で紹介してもらいました。選挙に行ったことがある人はわかると思いますが、入口で投票用紙を渡すだけの仕事で、昼・夜の仕出し弁当付きで日当1万円です。休憩も適度にあるのでめっちゃ簡単ですが、午前7時から午後8時までと拘束時間が長いのが欠点。そして単純作業ゆえ圧倒的睡魔との戦いです。選挙自体そんな頻繁にあるわけじゃないので、あるときだけ声かけてもらってました。

 

引っ越し

●時 給:☆☆☆☆☆

●難易度:☆☆☆☆☆

●疲労度:☆☆☆☆☆

 

単発で数回やりました。肉体労働に自信がある人でないとオススメ出来ません。2日間働いて2.5万円と破格でしたが、全身筋肉痛間違いなしです。当たり外れありますが、都心の引っ越しはアパート・マンションがメインとなるため、搬入用のエレベーターがない場合はひたすら地獄です。冷蔵庫担いで階段で5階までとか、新手の拷問。一度やったら二度目はないアルバイトです。

 

冷凍倉庫

●時 給:☆☆☆☆☆

●難易度:☆☆☆☆☆

●疲労度:☆☆☆☆☆

 

こちらも単発バイト。港に運ばれてくる世界各国の冷凍食品をひたすらトラックに積む仕事。冷凍倉庫の中に入り、冷凍された一本ものの紅鮭をサイズに応じて右へ左へ振り分ける作業を担当しましたが、ギルガメッシュのゲート・オブ・バビロンのような勢いで凍った紅鮭が坂から滑り降りてくるので、うまく受け止めないと簡単に腕が持ってかれます。しかもクソ寒いので衝撃が一々手に響くといういやらしいオマケ付き。日当は1.3万円と破格でしたが、引っ越し以上にきつかったです。

 

焼き鳥屋

●時 給:☆☆☆

●難易度:☆☆☆

●疲労度:☆☆

 

延々と焼き鳥を備長炭で焼く仕事。その日に売る分の焼き鳥を焼くだけなので、拘束時間が短く個人的には楽なアルバイトでした。ただ炭火に晒され続けるため変な日焼けするのが欠点。火付けから行うので炭の火起こしは上手になりました。たまにお土産くれる&近場だったので長く続けたかったのですが、店舗が移転して通うのがキツくなってしまったため1年足らずで終了。時給900円でした。

 

コンビニ

●時 給:☆☆☆☆

●難易度:☆☆☆

●疲労度:☆☆☆☆

 

一番続いたアルバイト。日勤・夜勤両方やってました。学校があるときは夕勤、長期休みに入ったら夜勤と時期ごとにシフトを組んでおり、時給は夕勤950円で、夜勤1200円でした。夜勤を連続で入っているときが一番稼げました。

 

一般的にコンビニバイトは覚えることが多くて過酷という評価ですが、それは多分間違っていないと思います。24時間なんで変な客は多いし、新しい商品が次々投入されるので仕事が増えるしで、全然時給に見合っていないという意見も頷けます。

 

そんな中で4年間続いた理由は、単純に店長やシフトのメンツと相性が良くて、コンビニにしては珍しく働く環境が良かったからです。バイト掛け持ちをしていたので、シフトの相談とか優先的に聞いてくれたのがでかかった。まぁこれはコンビニにも当たり外れがあるので、全部が全部そうとは言えませんがね。

 

家庭教師

●時 給:☆☆☆☆

●難易度:☆

●疲労度:☆

 

コンビニとの掛け持ちで中学生を対象に数学を教えてました。正直ヌルすぎます。個人的には塾講師もちょっと憧れていたのですが、なんか場所によっては講師陣の派閥がヤバいとの噂を聞いたので、気楽に出来る家庭教師を選びました。週1回1時間半で月5回の契約で1.2万円でした。家庭教師の後にコンビニの夜勤を入れるシフトが比較的多かったです。大学生の長期休みって今考えると頭おかしい長さでしたね。

 

交通整備

●時 給:☆☆☆☆☆

●難易度:☆

●疲労度:☆☆☆☆

 

大学生の時期は昼夜逆転した生活をしていたため、夜に働く仕事を好んでやってました。特に年末になると夜間道路工事が各所で頻繁に行われるため、交通整備の求人が増えます。稼ぎは時間帯にもよりますが、大体日当1万円くらいでした。この時期はコンビニ・家庭教師・交通整備の3つを掛け持ちしていましたが、流石に身体的にきつくなったのでシフトを徐々に減らし、卒業前に全部辞めました。

 

まとめ

学生時代にバイトをすることで、金銭的にはかなり潤います。バイト代はゲーム、パソコン、スキー、登山、旅行、フィギュア、車の免許代など様々な場面で活用し、「自分で稼いだお金だから自分のために使う」をそのまま実践出来ました。そういった意味ではバイトをすることのメリットはとても大きいと思います。

 

しかしバイトをするということは、遊びや友人などと共有する時間を意図的に削ることとなり、場合によっては「付き合いが悪い」など人間関係に亀裂が生じる可能性も否定出来ません。

 

特に大学生はコンパやサークルの付き合いが頻繁にあり、乗り遅れるとあっという間にボッチになります。私もバイトを入れすぎたせいでボッチになりかけましたが、ボッチはボッチなりにボッチで徒党を組む事が出来たので、充実とまではいきませんが、それなりの大学生活でした。

 

教訓として、どうせ社会人になったら嫌でも働く事になるので、学生時代は遊びや友人を優先してバイトはほどほどにしましょう、という感じですね。とはいえ、先立つものはやはりお金ですから、バランスよく稼いで100連ガチャしましょうね。

 

いやいや、ガチャすんなや