つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【EDWIN】「WILD FIRE」があれば大抵の寒さは乗り切れる件【防風ジーンズ】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20191212220028j:plain


今年の12月は例年に比べて日中暖かい日が多いように感じますが、それでも夜は寒暖差が大きくなるため寒いです。しかし寒いと言っても所詮は首都圏。白い恋人で釘が打てる北海道が鼻で笑うレベルです。今から寒い寒い言ってたらピークである2月なんてとても乗り切れませんが、念のためタンスからEDWINの防風ジーンズ「WILD FIRE」を引っ張り出してきました。 大体12月~4月頃まで毎年愛用している個人的に最強の防風ジーンズです。

 

まぁ私服は休日しか着ないけどね

 

EDWINの防風ジーンズ「WILD FIRE」

暖かさの秘密は三層構造

f:id:hayachinense:20191212222747j:plain

出典:EDWIN

 

「WILD FIRE」はEDWINが5年がかりで開発した防風ジーンズで、今年で誕生から10年というロングセラー商品です。普通の布生地ではなく、ストレッチデニムの表地+フィルム+起毛素材の裏地の「三層構造」となっており、特に凄いのが中間のフィルムで、冷気や風をガードする防風性能と湿気を放出する透湿性能が同時に備わっています。このフィルムが表地と裏地にサンドイッチされているため、暖かさを維持しながら快適性も損なわないという優れたジーンズです。

 

フィルムというと工作でお馴染みの「カラーフィルム」を連想するので「ジーンズの生地にフィルムがサンドされてたら、シャカシャカ音がしてウザいんじゃね?」と思ってしまうかもしれませんが、そこはフィルム違いなんでシャカシャカ音は発生しません。ただ明らかに普通のジーンズのような穿き心地ではないので、試着は必ずしたほうが良いと思います。

 

WILD FIREは普段使いなら高性能

f:id:hayachinense:20191212221014j:plain

 

私は3年くらい前に「真冬の三浦半島を夜中にバイクで1周する」というアホな企画がきっかけで、防寒対策の一つとして購入しました。ユニクロにも似たような防風タイプのズボンがあるのを知っていたので、コスパ的に第一候補として試着してみたのですが、生地を触った感じや穿いた感じがイマイチだったので不採用。Right-onでWILD FIREを試着したらしっくりきたので採用となりました。値段は倍くらい違いますが、そこはまぁMADE IN JAPANということで自分を納得させました。

 

で、穿いた感じですが、とりあえず冬の日中の普段使いでは寒いと感じることはありません。足元からの隙間風で若干ひんやりすることはありますが、大部分の下半身はしっかりガードされているためとても快適です。むしろ日が出てきたり暖房の効いた室内に入ったりすると暑すぎて脱ぎたくなる衝動に駆られます。

 

クロスアウッ!フオォォォォォッ!

 

真冬の夜中のバイクは残念ながら無理

実際にWILD FIREを装備して真冬の夜中に三浦半島を何度か走ったのですが、結論からいくとWILD FIREだけではかなりキツイです。気温0℃の状態で時速60kmで走行すると風速16.7mとなり、風速1mにつき1℃下がることから体感温度は-16.7℃です。流石のWILD FIREもこれには耐えられません。初回は寒すぎて三崎口あたりで死にそうになりました。

 

f:id:hayachinense:20191212221020j:plain

 

リベンジ回は初回の反省を活かし、ヒートテックタイツ+WILD FIRE+バイク用オーバーパンツで無事乗り切りました。流石にここまでやると全く寒くありませんが、ちょっと負けた感じがしますね。

 

フィルム入りだけど耐久性や洗濯は大丈夫?

普段使いも含めてかれこれ3年以上同じWILD FIREを使用していますが、元々EDWINのジーンズはMADE IN JAPANということもあり、作りがしっかりしています。長く使っていれば糸のほつれなどは多少出てきますが、軽微なリペアで簡単に修復出来る範囲です。

 

度重なる洗濯やクリーニングの影響でフィルム部分は3年ほどで劣化するという話もありますが、特段経年劣化により防風性能が落ちたという感じはありません。もっともフィルム部分は目に見えないところなので、正直内部はよくわからんというのが本音です。

 

とはいえWILD FIREは7000円しないくらいなので、仮にダメになったとしても3年以上持つと考えれば買い替えもそこまで苦になりません。WILD FIRE1本で冬場を十分乗り切れるので、ユニクロでなくちょっと良い防風ジーンズが欲しいという人にはオススメの逸品です。

 

まとめ

EDWINの防風ジーンズ「WILD FIRE」は、これから始まる厳しい寒さに備えるアイテムとして心強い味方になります。いつだったか首都圏で大雪が降った時がありましたが、そのくらいであればヒートテックタイツ+WILD FIREで十分乗り切れましたので、寒冷地でもそこそこ戦えるのではないでしょうか。まぁ2月の北海道は凶悪なので流石に耐えられないかもしれませんが。