つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【20万円で】2024年開始予定の新NISAは2階建て【権利を与えよう】

 

f:id:hayachinense:20191207220424j:plain

 

一般NISA開始
   ↓
つみたてNISA開始
   ↓
一般NISA恒久化検討
   ↓
つみたてNISA延長検討
   ↓
一般NISA恒久化見送り
   ↓
つみたてNISA延長決定
   ↓
一般NISA・つみたてNISAの一本化検討
   ↓
一本化の前に「積み立て型」創設検討
   ↓
新たなNISAは「2階建て」 ←NEW!

 

最近やたらとNISAの新制度に関するニュースが出てきておりますが、ホントまとまりがないですね。政府お得意の変化球も、ここまでくると全部ナックルなんじゃないかと思うくらい予測不能の動きです。2024年まで時間があるから適当にそれっぽいこと小出しにしとけばいんじゃねー?みたいな感じだと、これからNISA始めようとする人が困惑するんですけど。少し・・・頭冷やそうか。

 

レイジングハート・モードリリース!

新NISAはどのような制度となるか

「2階建て」という新要素

新NISAは「2階建て」ということで投資枠が2つ存在します。

 

  投資枠 非課税期間 投資対象商品
2階 102万円
5年間
一般NISA対象商品からリスクが高い商品を除外したもの
1階 20万円 つみたてNISA対象商品とほぼ同じもの

1階+2階で非課税投資枠合計は年122万円、5年最大610万円の運用が可能となります。2階の投資枠が100万円でなく「102万円」に変更になっていますが、これは12ヵ月で割り切れる額(8.5万円)なので、毎月積立を想定しているんでしょうかね。そういう調整が出来るならつみたてNISAを42万円にしろやって感じはしますが。


で、この新NISAの変わっているところは、まず1階部分の低リスク商品の投資をやらないと2階部分の投資権利が与えられないという点です。つまり「Aを買ってくれたらBを買う権利を与える」というもので、ちょっと乱暴な表現をすれば、「20万円分の通常版CDを買ってくれたら102万円分まで特別版CDが買える権利を与えよう」というA〇B商法みたいなもんですかね。

 

ハイリスクな投資をしないように、まずは強制的に低リスクな安定資産へ投資させるという目論見ありきなんでしようけど、まさか政府がそんなシステムを導入してくるとは思いませんでした。相変わらずお偉いさん方の思考は読めませんが、なんかもう政府と証券会社が裏で結託してるんじゃないのかと疑いたくもなります。

 

政府「指定商品を買わないと次に進めない制度を作ったぞ」

 

証券会社「ありがとうごぜぇやす!これで黙ってても売れますぜ!」

 

政府「ゴホン、そのかわり、わかってるよな?」

 

証券会社「へへっ、これをお納めくだされ」

 

政府「おほぉー!くるしゅうないぞぉー!」

 

なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!

 

非課税期間はやっぱり5年

2階建ての説明の中に「安定資産による長期的な運用を重視」みたい表現がありましたが、非課税期間は一般NISAと変わらず5年です。長期運用を謳うなら20年にしちゃえば?って感じなんですけど、そこはつみたてNISAに配慮しているんですかね。非課税期間5年だとロールオーバー前提のような感じもしますが、現時点での詳細は不明です。

 

しかし非課税期間5年とはいえ、2階建ての1階部分はだいぶつみたてNISA寄りになっています。2階部分もリスクが高い商品は除外する方向なので、現在一般NISAで買付出来るグローバル3倍3分法やUSA360などのレバレッジ型は高リスクと見なされ、駆逐されてしまうのではないでしょうか。そうなると2階部分を利用してメリットがあるのは、個別株とかつみたてNISAの対象でない中リスク投資信託くらいかもしれません。

 

まとめ

新NISAの「2階建て」は、まずは1階部分で低リスクの投資信託を20万円分買付することで2階部分が開放されます。個別株や中リスクの投資信託を買うのはそれからになりますので、2024年以降2階建てで行くか?つみたてNISAで行くか?を判断するには、2階部分で投資可能な対象商品のラインアップが出揃うまでは決められません。

 

予定では12月中旬に決める20年度の税制改正大綱に盛り込まれるそうなので、とりあえず今は妄想を膨らませながら待つことにしましょう。