つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【2019年11月】投資信託買付ランキングと各ファンドの推移【まとめ】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20191202161738j:plain

 

早いもので今年も残すところあと1ヵ月となりました。心残りなのは、見ようと思っているアニメが溜まりすぎていることでしょうか。1日1クールくらい見ないと追いつかない状況ですが、「旗揚!けものみち」だけは毎週欠かさず見てたりします。いやぁいいですよ、このトチ狂った変態けものフレンズ。お姫様にジャーマンやローリングクレイドルかますアニメなんて早々ありません。荒んだ生活に潤いを与えてくれます、クラーク・スティル的な意味で。

 

投げキャラは最高だぜ

 

くだらない話はさておき、11月の各ファンドの動きはどのような感じになったのでしょうか。11月は注目のレバレッジ型バランスファンドであるUSA360こと楽天・米国レバレッジバランス・ファンドが開始されました。買付ランキングにもしっかり登場しておりますので、それなりに期待されているようです。

 

11月の各ファンドの推移

全銘柄買付ランキングにUSA360登場

f:id:hayachinense:20191202171930j:plain

 

全銘柄ランキングのTOP10には入りませんでしたが、16位にUSA360登場です。純資産8.92億円と順調に増えておりますので、今後上位に食い込んでくるか見ものです。

 

あとは通常通りのラインアップという感じで顔ぶれに代わり映えはありませんが、今まで中々TOP3に入れなかったeMAXIS Slim米国株式(S&P500)がeMAXIS Slim先進国株式を抜いてついに2位に躍り出ました。SBI・バンガード・S&P500の信託報酬に対抗して同水準まで値下げしたことが好感となり、買付をかなり伸ばしたようです。

 

後はインデックス投信のパイセンであるニッセイ外国株式インデックスが6位にダウンしたり、グローバル3倍3分法が11月末で純資産額が3000億円を突破し、前年比125692.4%というトチ狂った増え方をしたりと中々波乱の11月でした。

 

つみたてNISA対象銘柄のランキング

f:id:hayachinense:20191202194912j:plain

 

つみたてNISA対象銘柄は顔ぶれに変更なしです。TOP10のうち4本がeMAXIS Slimシリーズというのは相変わらずで、存在感が際立ちます。一応つみたてNISAの対象商品はちょこちょこ増えているようですが、話題性のあったものはSBI証券限定商品であるSBI・バンガード・S&P500くらいで、楽天証券でのランキング顔ぶれに直接的な影響は与えていません。eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が躍進したくらいですね。

 

ランキング上位ファンドの推移

f:id:hayachinense:20191202160639j:plain

 

11月はノリにノってたREITバブルが少し弾けた影響もあり、REITファンドやREITを含むファンドが大きく下落しました。グローバル3倍3分法は東証REIT指数の急落の影響をモロに受けたため、11月の成績は振るわず「往って来い」の結果となりました。

 

一方、米国株式メインのファンドは、S&P500やダウ・ナスダックが「景気後退?何それ美味しいの?」状態の連続高値更新の影響からすこぶる好調です。eMAXIS Slim米国株式(S&P500)なんかもうリセッション関係なしに延々と上昇し続けていくのではないかという勢いですね。

 

まとめ

11月は米国株式上げ・J-REIT下げが目立ちましたが、後半の巻き返しで米国株式・オールカントリー・バランス・レバレッジ型バランスは全てプラスとなりました。最近は米国に明るい話題が多いせいもあり比較的楽観ムードが漂っています。これからヤマザキ冬のパン祭りならぬ、確定申告に向けた年末の利益確定祭りが増えてくるとどうなるかわかりませんが、東証REIT指数のような大きな下落は勘弁してもらいたいものです。このまま何事もなく2020年を迎えられると良いのですがね。