つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【政府お得意の】一般NISAの新制度「積み立て型」が2024年から開始予定【変化球】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20191129220319j:plain

 

先日一般NISAとつみたてNISAの一本化が検討されていると報道されましたが、今日の報道で一本化の前に一般NISAの新制度「積み立て型」が新たに創設されることが判明しました。つみたてNISAがあるのに積み立て型って、アンタらまた紛らわしいものを。

 

新NISA創設24年に、非課税期間は5年で調整

政府・与党は、少額投資非課税制度「一般NISA(ニーサ)」と「つみたてNISA」の特徴を組み合わせた新しい制度を2024年に創設する方針を固めた。新制度は比較的長期の資産形成に適した投資信託などに投資対象を限定し、非課税期間は最大5年間とする方向で調整している。12月にまとめる与党税制改正大綱に盛り込むことを目指す。

 

一般NISA開始

   ↓

つみたてNISA開始

   ↓

一般NISA恒久化検討

   ↓

つみたてNISA延長検討

   ↓
一般NISA恒久化見送り

   ↓

つみたてNISA延長決定

   ↓

一般NISA・つみたてNISAの一本化検討

   ↓
一本化の前に「積み立て型」創設検討 ←今ココ

 

なんかもうグダグダやな

「積み立て型」が2024年から始まるってよ

一般NISAは2023年まで

f:id:hayachinense:20191129220328j:plain

 

一般NISAは2023年で終了です。しかし2024年開始が検討されている「積み立て型」は、一般NISA同様の非課税期間5年間、非課税投資枠年120万円(最大600万円)となっており、唯一異なる点は投資出来る商品が「リスクの低い投資信託」に限定されるということです。

 

リスクの低い投資信託となると、現在のつみたてNISAで投資出来る金融商品が該当すると思われますので、要は、非課税期間が短くなって非課税投資枠が増えたつみたてNISAという感じですかね。

 

一般NISA+積み立て型で非課税投資枠が最大1200万円?

現在一般NISAをロールオーバー含めて利用している人は、2024年から引き続き「積み立て型」で一般NISAを利用出来るということになります。つまり、途中でつみたてNISAにシフトしないで一般NISAを使い続けている人は、今回の積み立て型の登場により非課税投資枠が600万円追加で利用出来てしまうのです。

 

そうなると非課税投資枠の合計が1200万円となり、2014年から始めている人は運用期間が20年となるため、つみたてNISAにシフトする意味があまりありません。仮に積み立て型が一般NISA同様にロールオーバーを使えた場合、積み立て型5年目の2028年に投資した分を2033年にロールオーバーし、同年中に積み立て型からつみたてNISAにシフトすることで、翌年2034年からつみたてNISAを開始することも可能であるわけです。

 

結果、つみたてNISAで最大800万円の非課税投資枠が追加され、合計2000万円です。今から一般NISAを始める人は延々と非課税投資枠を利用出来るわけで、すぐにつみたてNISAを選択する必要はないかもしれません。

 

結局は富裕層優遇

一般NISAは投資信託だけでなく株式にも投資出来てしまい、短期売買目的で使われていることから「税優遇を使ったバクチ制度」と批判されています。それを解消するためにリスクの低い投資信託しか投資出来ない「積み立て型」の創設を検討しているようですが、結局年120万円の非課税投資枠を満額利用出来る人なんて限られているんですよね。

 

ましてや一般NISA+積み立て型で非課税投資枠1200万円ですよ。それだけ投資にまわせるような人は、そもそもお金に困っていないという。平均年収441万円の現状を国が理解して設定しているとはとても思えませんな。何かこう、政府は考え方がいつもナナメ方向なんですよね。え?そういう方向に持ってくの?みたいな。

 

まとめ

制度の詳細は法案を作る中で検討していくため、本件は全て憶測の範疇です。蓋を開けてみないとわからないので、今はおとなしく正座して待つしかありません。しかし現段階の検討事項がそのままきたとしても、月33333円の余剰資金を捻出するのに精一杯の人は「積み立て型」なんて雲の上の話で、結局つみたてNISA一択だと思います。

 

とはいえ、つみたてNISAは2037年までに始めれば20年確保出来るので、NISA口座を今年作った人はお試しで一般NISAから入るのも十分ありでしょうな。