つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【俺たちの】ワークマンの安全靴をビジネスシューズとして1年半履いてみた結果【ワークマン】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20191113195921j:plain


うちの会社は私服OKなので、スーツを着ている人は営業以外ほとんどいません。なので靴もサンダル以外であればなんでもOKです。蛍光色バリバリのランニングシューズを装備して、毎朝会社までマラソンしてくるツワモノもいれば、スーツ姿にカラフルなスニーカーの組み合わせでくる意識高い系など様々です。

 

私服OKですが着ていく服を選ぶのがメンドイ私は、年中ワイシャツとスラックスで過ごしてます。しかしちょっと前までは靴に関しての最適解がありませんでした。スーツとか靴とか時計とか見えるものに関して、それなりのブランドで固めて客先に舐められないようにするのはガチの営業職くらいです。家と会社を往復するだけの靴なんてローラーブレードでいいレベル。

 

それなんてCCさくら?

ワークマンに行き着いた理由

高い靴は修理も高い

社会人になって働き始めるにあたり、奮発して身の丈に合わないビジネスシューズ買った経験ありませんかね。なんか店員に進められるがまま買っちゃったみたいな、よくわからんブランドもののやつ。

 

私がまさにそれなんですけど、一応高いもの買ったから履き潰さないと勿体ないと思って暫く履いてたんですけど、私の歩き方が悪いのか、整備されていない道を歩いているからなのか、そんなに履いてないのに表面に目立つ傷がついたり靴底に穴が開いたりするわけですよ。

 

でも高いやつだからもうちょい履かないと元が取れん!って貧乏癖から修理に出すんですけど、なんか異様に修理費が嵩むんですな、樋口一葉レベルで。修理だけでなくクリーニングもやってもらうと費用がそれなりに高くなるんかなぁと最初は割り切ってたんですが、回数が増えてコストが嵩むと流石に修理をやめたくなってくるわけです。

 

高いものを長く大事に使うのは良いことなんだけどね

 

 

安い靴がボロくなったら買い替える

樋口一葉で修理するくらいなら、樋口一葉で買えるレベルの靴を履き潰して、樋口一葉で買い替えた方がよくね?って思い立ち、ABCマートなどの靴量販店によくある適当なビジネスシューズを試しに買って履いてみたんですが、安かろう悪かろうなのか、耐久性があまりよろしくない。私の足はビジネスシューズとの相性がすこぶる悪いようです。

 

で、暫く我慢して量販ビジネスシューズを履いていたんですが、あるとき新しい防寒着を買うために行きつけのワークマンに行ったところ、靴コーナーでピンときたものがあったんです。

 

「S2200 ロッキーワークセーフティ」という安全靴

f:id:hayachinense:20191113215845j:plain

出典:ワークマン

 

スラックスと合わせてもそんな変じゃないし、黒だし、何より過酷な現場で働くガテン系が履く安全靴だから、強度や耐久性は普通のビジネスシューズの比ではないハズ。一応説明文では「カジュアルユースできそうな」って書いているので、もしかしたら案外いけんじゃね?的な。試し履きしたところ履き心地は悪くなさそうなので、耐久検証のために買って履いてみることにしました。

 

ロッキーワークセーフティを1年半履いてみた感想

f:id:hayachinense:20191113220932j:plain

 

購入してからほぼ毎日履いて1年半経った現在の状態です。公式に比べてテカリがあるのは、買った直後から定期的に「靴墨」を塗っているからです。外側は綺麗なままですが、内側は歩いているときに靴が当たって擦れてしまうため、擦り傷が目立ちます。これは私の歩き方が悪いのでしょうがないですね。

 

良い点

●強度が半端ない

全体的な強度もそうなんですが、特に先芯(つま先部分)は「鋼製」で覆われているため、並の衝撃では形を変えることすら出来ません。ボウリングの玉を落としても大丈夫な強度と言われていますので、それこそダグザハンマーでぶん殴ってようやく凹むくらいでしょう。満員電車で高見盛が履いたハイヒールに踏まれても気づかないと思います。

 

●防水性能が高い

ロッキーワークセーフティは革靴のように見えますが、素材はポリウレタンと合成ゴムです。革靴だと水が染みてしまう雨の日でも、長靴に使われる合成ゴムを使用していることで防水性能は長靴並といっても過言ではありません。現に今年のヤバかった台風の日は全てこの靴で出勤しましたが、水の侵入ゼロでその性能は実証済です。

 

●安い

2954円です。高いビジネスシューズの1/10のお値段。ワークマンの価格設定は異常です。

 

悪い点

●重い

革靴と違ってガチ素材が使われているため、重いです。普通のスニーカーに慣れている人は、その重さに違和感を感じることでしょう。

 

●足にぴったりフィットしない

これはもう足の形によるんですが、中敷きで調整しないとフィット感がイマイチです。100円ショップに売っているカット出来るタイプの中敷きで調整する必要があります。

 

●買える店舗が少ない

ワークマンは宮崎県だけ店舗展開してません。店舗数も少なめで割と辺鄙なところに出店しているため、中々気軽に買いに行けません。

 

まとめ

ワークマンで売っている安全靴「S2200 ロッキーワークセーフティ」は、ガテン系の現場用に開発されてはいますが、ビジネスシューズとしてはもちろん、普段使いでも問題ない見た目に仕上がっています。何より2954円という値段からは想像も出来ない性能で、コスパが非常に良いです。

 

擦り傷は段々目立つようになってきましたが、1年半毎日履いてても型崩れしませんし、靴底もまだまだある状態です。私的には十分ありな靴だと思いましたので、引き続きロッキーワークセーフティを履いて通勤します。