つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【楽天市場】楽天の期間限定ポイントの使い道を考えてみる【楽天証券】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20191120222306j:plain

 

100円ショップの支払いですら楽天カードでするようになると「こいつどんだけポイント欲しいんだよ」って思われてそうですが、アメリカは普段現金を持ち歩かず全ての買い物をクレカ1枚でシュッと済ますクールな社会です。100円ショップでクレカを堂々と使う度胸くらいないと、いずれ到来するキャッシュレス時代は生き残れないって飛影も言ってましたし。

 

飛影はそんなこと言わない

 

なんでも飛影のせいにすると、あらぬ方向から邪王炎殺黒龍波が飛んでくるのでおいたはこれくらいにしておきますが、何が言いたいのかと言うと、ポイントって無意識に貯める力が働かないと中々貯まらないということです。チリも積もれば何とやら、くれるなら貰っておこう楽天ポイント。諸君、私はポイントが好きだ。諸君、私はポイントが大好きだ。少佐的に大事なことなので2回言いました。

 

流石に100円ショップでクレカはやりすぎな気もしますが、なんかもう楽天カード使えるところは、ブルーアイズホワイトドラゴンを場に出す勢いで反射的に楽天カード出す癖がついてしまっているから手に負えない。確実に頭やられてるよコレ。この楽天カードで行われる、ありとあらゆるポイント行動が大好きだ!

 

期間限定ポイントの使い道がない

ポイント投資に使えない期間限定ポイント

でも問題があります。楽天カード生活をしていると、通常ポイントと期間限定ポイントの2種類が貯まっていきますが、もっぱら期間限定ポイントばっか貯まってしまうのです。現在楽天市場で「お買い物マラソン」が始まっているので、いいタイミングだから贈呈用のお歳暮でもガッツリ買おうかなと考えているのですが、貯まるのはやっぱり期間限定ポイントなんです。これが楽天証券のポイント投資に使えないのが悩みどころ。

 

この期間限定ポイントをなんとかしてポイント投資に使えないものかと色々調べてみたものの、直接充てることはやはり不可能でした。間接的にいけば商品券に変更して金券ショップに売って現金化し、楽天証券に入金という方法はあるみたいですが、商品券は変更手数料やショップでの換金などで、実際の取得金額が結構下がるようです。

 

有名どころでいけば、JCBギフトカード1000円と引き換えするのに必要なポイントが2019年11月20日の時点で1130ポイント、つまり1ポイントが0.88円の価値に下がってしまうわけで、なんだか損をした気分になりますな。更に送料250円取られるので、換金までに手間もコストもかかります。それなら満額別のことに使ったほうが良いという結論に至る人が圧倒的に多い模様。わかる気がします。

 

期間限定ポイントを何に使うか

一番手っ取り早いのは街中にある楽天ポイントカード加盟店で使うことですが、加盟店一覧見ても使いたいと思う店があんまない。というより無理に使う必要がないのに、期間限定だから使わないといけない強制感が半端ない。永久不滅ポイントを見習ってほしいくらいですな。全くいやらしいシステムです。

 

そうなると一番無難なのは、やっぱ楽天市場で生活必需品や食料品に充てることですか。面白みは全くないですけど、定期的に期間限定ポイントで米10kg配送するとか。でも楽天市場は別にたいして安くないというか、近所のスーパーの方がはるかに生活必需品や食料品が安いから正直これも躊躇するレベルです。

 

楽天ふるさと納税はある意味最適解か

条件は色々ありますが、確実に恩恵があるのはこれでしょうね。自己負担2000円を超えない範囲で調整すれば、もっとも期間限定ポイントを有効に消費出来そうな予感。

 

ふるさと納税は年間通して実施出来るので、期間限定ポイントが貯まったタイミングで随時使えればベストですね。お買い物マラソンなどのポイント倍増イベントと併用すれば、更に効果が高まりそう。

 

貯まっているけど使い道に困る期間限定ポイントが、ふるさと納税でお礼の品+節税効果に変わると考えたら中々素晴らしい使い道です。今年はふるさと納税に全ぶっぱしようかな。

 

今年は北海道のいくら1kgがすげぇ気になるね