つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【ムーディーズ】2020年~2021年の景気後退入りはないとの予測【見通し発表】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20191116213531j:plain

 

ヤバいよヤバイよと言われている割に中々破綻しないドイツ銀行、やったらやり返す米中貿易摩擦で右往左往する米国市場・法人税0円で政府に目をつけられた途端に大赤字アピールを始めたソフトバンクなどなど、経済に対するネガティブな話題は連日尽きません。

 

負のスパイラルが続けば世界経済は徐々に景気後退に入っていき、何かが弾けた瞬間にギリギリまで保っていた均衡が崩れ、まずは文明と人々の秩序が失われます。そして暴力と強奪による争いが繰り返される混沌の日々が到来するため、世の中のサラリーマンはバギーに乗って洋服の〇山に向かい、世紀末の正装であるトゲのついた肩パッドを買うことになります。タピオカの次はトゲつき肩パッドがくる、SNS的な意味で。

 

ヒャッハー!ホホホーッ!

景気後退はいつくるのか

今後2年は景気後退なしとの見解

格付け会社であるムーディーズ・インベスターズ・サービスの報告によると、G20の2020年の成長率は2019年と同じ年率2.6%になるとの見通しを明らかにしており、2021年はさらなる成長を続けて2.8%に上向くという予想を発表しました。

 

S&P500は直近、週間ベースでも6週連続上昇と連続高が続いております。米中貿易戦争による関税の話題などで一時は市場が不安定になることが度々ありましたが、「慣れてしまえばどうということはない」段階に入っているため、今後その程度の話題では米国市場はビクともしないと中々強気です。

 

米国市場が異様に強い

S&P500だけでなくダウ平均・ナスダック総合など全て上昇中であり、株はヘルスケア・ハイテク銘柄の上昇が目立ちます。原油先物相場も2ヵ月ぶりに高値到達。なんかもう米国市場のあらゆるものがイケイケムードになっていて、留まることをせず本当に延々と上昇を続けていきそうな雰囲気です。

 

f:id:hayachinense:20191116225147j:plain

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は今年5月までは順調でしたが、米中貿易摩擦の影響で約半年間は高値付近で跳ね返されていました。しかし10月の最高値更新からまた勢いが出てきており、これから年末にかけて更に上を目指すのか気になるところです。

 

それにしてもS&P500のパフォーマンスはやっぱり凄い。何も考えないでS&P500だけ買っとけば勝てると言われるだけのことはあります。界隈では個別株で独自のポートフォリオ組んで試行錯誤しながらS&P500に挑む方を結構見かけますが、勝てる人はどれくらいいるんでしょうかね。ずぼらな私には到底真似できない芸当です。

 

「暴落したら買う」はいつまでたっても買えない

景気後退入りの可能性が低い場合、つみたてNISAなどの積立投資の始め時は「思い立ったが吉日」でいいでしょう。そりゃ暴落がきたタイミングで始めるのがベストなんでしょうけど、見極めるのは至難の業です。運よく暴落に遭遇したとしても、怖くて始められない可能性だってありそうですしね。

 

だったらもうさっさと始めて、積立設定して気絶してればいいんです。だってつみたてNISAって最長で20年続けるんですよ?おぎゃぁと生まれてから20歳になるまで投資を続けるって考えたら相当な長期戦です。20年続けてたら1回や2回は暴落を食らうと思いますよ。やるなら食らうの前提でいきましょう。OKバッチコーイ!

 

フォー!