つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【USA360】楽天・米国レバレッジバランス・ファンドの動きがイマイチな件【楽天VTI】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20191115231431j:plain

 

 

2019年11月5日より運用が開始されたUSA360。運用開始から10日間経過した現在、少しずつチャートの形が見えてきました。VTI90%+米国国債270%という米国マニア垂涎モノの組み合わせは、どのような値動きをしているのでしょうか。

 

USA360と楽天VTIの比較

USA360は楽天VTIと逆の動きをしている

f:id:hayachinense:20191115234547j:plain

 

 

楽天VTIが小さく下がっているときはUSA360は小さく上がり、楽天VTIが大きく上がっているときはUSA360が大きく下がるという「二重螺旋」のような動きをしています。楽天VTIが上がればUSA360も上がるものだとてっきり思っていましたが、よくよく考えたら現在の流れは「株式好調、債券微妙」な感じでしたね。

 

債券270%の「オマケ」は、上昇の手助けというよりは現状足を引っ張る感じでしょうか。「足手まといはもう嫌なの!私も〇〇の役に立ちたい!」と懇願していたヒロインが勝手に暴走したあげく、あっさり敵に捕まるという凄くメンドイ展開ですかね。

 

最近は足手まといヒロイン減ったけどね

 

米国国債は下落中

f:id:hayachinense:20191116001354j:plain

 

 

米中貿易協議がやや前向きな方向性であることから株高となり、リスク選好で債券に売り圧力がかかりました。11月初旬から現在まで断続的な売り状態が続いており、チャートはジワ下げです。対してS&P500は相変わらず高値更新しまくっている状態で、「今の天井は未来の底」と冗談交じりに言われるくらい楽観ムードが漂っています。「景気後退の話はどこいったんだいジョニー?」「HAHAHA!あれは妻の寝言さマイケル!」みたいな流れになってくると、いよいよかもしれません。

 

いずれにせよ、米国株の買いが続いて債券の売りが加速すると、USA360は株式の利益を債券で打ち消すという非常に残念な展開になってしまいそうです。債券混ぜたらリターンが悪くなるのはわかりきっていたことですが、そこをレバレッジで上手く解消出来ればあるいは、と思ってただけに少し残念です。まだ判断するには時期尚早ですけど。

 

米国投資はとりあえずつみたてNISAから

米国株式とUSA360のトータルリターンのシミュレーションでは、USA360が倍以上のリターンを出す結果となっていました。とはいえ、いきなりUSA360にぶち込むのはあまり得策とは言えません。折角つみたてNISAという素晴らしい制度があるのですから、まずはそちらの非課税投資枠を使って米国投資したほうが無難と考えます。

 

非課税投資枠を使い切って、それでもなお攻め続ける場合に、ようやく特定口座の出番かなと。投資枠に年間40万円捻出するのも一苦労な時代ですから、無理なく続けられる範囲でやりくりしていきましょう。

 

税金かからないって最高かよ