つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【取説は】投信積立を始めて早速やらかしたでござるの巻【読まない派】

 

f:id:hayachinense:20191028220144j:plain

 

2000万円の資産形成の方針を2週間前に決めましたが、その後つみたてNISAの対象商品は水面下で争いを続けて状況が微妙に変わってきました。特にeMAXISシリーズの信託報酬大幅値下げは、SBI・バンガード・S&P500の登場と同じくらいのインパクトでした。

 

S&P500に投資するならSBI証券でSBI・バンガード一択だったのは数週間の出来事で、簡単にそれひっくり返してくる状況に右往左往してしまう人は少なからずいるでしょう。恥ずかしながら私もその一人です。

 

現在までの投資方針おさらい

つみたてNISAは来年から

2週間前に暫定的に方針を固め、実際に始められるところから開始しました。つみたてNISAはSBI証券から楽天証券への変更が思った以上に時間がかかったこと、今から今年分の枠を一括で買い付けるのは楽天ポイント的に微妙だったこと、つみたてNISAの恒久化が決定する可能性が高かったこと、以上の検討結果から来年開始にシフトしました。

 

コア・サテライト運用で特定口座を活用

コア・サテライト運用のサテライト枠として、特定口座で「グローバル3倍3分法」をチョイスして定期積立+楽天ポイント投資することを決めました。楽天証券で利用出来る楽天カードの限度額は月50000円まで。コアのつみたてNISAで33333円、サテライトの特定口座でグローバル3倍3分法を16667円。グローバル3倍3分法は先行して開始しています。

 

利回りが低かったときを考えて更に特定口座活用

これだけじゃ2000万円届かなそうなので、更に別途特定口座でSBI・バンガード・S&P500にも月10000円積立しとこうってのが現在までの方針でした。まぁSBI・バンガードはeMAXISの信託報酬引き下げの一件があったので再考予定ではありますが。証券口座を分けてまでSBI証券でSBI・バンガードを積み立てるメリットが今のところなくなっちゃったのよね。

 

とりあえず今はここまで

早速やらかす

何故か今月の楽天カードの支払いが微妙に多い

スマホの楽天カードアプリは、月どれくらいクレカ使ったかわかるので便利です。とは言え、クレカ支払い状況なんて別に毎日見るものではないので、普段は月一でしか確認しません。で、暫く見てなかったので確認したところ、何故か普段の請求額より微妙に多いんです。

 

あーアレやね、楽天証券でグローバル3倍3分法を「投信積立16667円設定」したからやね

 

 

f:id:hayachinense:20191028204609j:plain

 

なん・・・だと・・・?

 

クレカ払いで「投信積立(楽天証券)¥50000」とかなってたので、まさかと思って見に行ったらコレですよ。早速設定をミスってますよ。まぁ別にいいんですけど。

 

設定は慎重に

一昔前ではネットで投資信託が簡単に買えるなんて思ってもいませんでした。今は何でもネットで完結してしまう便利な世の中です。ワンクリックで売買が成立してしまうお手軽さは、裏を返せば間違ってても気づかない可能性が高いということです。誰も確認してくれないというのはやっぱ怖いもんですな。簡単だから何でもホイホイクリックしないで、皆さんも金額の設定時は必ず「ダブルチェック」しましょうね。