つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【ビットコイン】情報商材には気をつけましょう【詐欺の温床】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20191026222900j:plain

 

「株は安い時に買って、高い時に売る」という当たり前のフレーズですが、人は当たり前のことが中々実行出来ません。相場は「今が買い時です」「売り時です」なんてアナウンスしてくれませんので、買いか売りかの最終的な判断は、いつも自分ですることになります。その判断をするために「何かきっかけとなるもの」があれば、どれだけ楽になることでしょうか。

 

上がるか下がるかの2択だから簡単、そんな風に考えていた時期が私にもありました

 

投資は自己責任、というパワーワード

人は何かを信じたい

よくFXの広告で「的中率97%!究極のサインツールが今なら無料!」みたいな見かけますよね。んで「無料だと思ったらいつの間にか50万円払っていたでござる」的なオチが用意されてるところまでがテンプレだったりします。

 

人は楽して儲けたいので、誰かが用意してくれた「実績あるもの」を簡単に信じてしまいがちです。情報商材はその最たるものですが、ネットに出回っている9割以上が詐欺だと思っていいでしょう。「1日30分の作業で月20万円稼げる秘密とは」系のキャッチフレーズを見るたびに、自分でそれやればいいじゃんって思いますよ、超。

 

仮想通貨は特に酷い

f:id:hayachinense:20191026234846j:plain

 

仮想通貨は「有料note」や「有料オンラインサロン」が大流行しました。noteは販売価格100円という可愛いらしいレベルのものから、29800円という誰が買うんだこんなもんレベルのものまで様々でしたが、バブル真っ最中だった2017年はそこまで情報商材は氾濫してませんでした。ヤバかったのは2018年以降のバブル崩壊後です。

 

2017年は買えば儲かる相場で、1月の時点で10万円台だったビットコインは1年で220万円台に急上昇。その後バブルが崩壊して2018年以降は一転、下落トレンドであっという間に30万円台になりました。

 

2017年にビットコインで運よく儲けた人は、2018年以降は思うように儲からなくなってしまったので、儲かったときの方法をnoteにして売り出したり、儲かった実績をエサにオンラインサロンを開き始めます。

 

「ビットコインで1万円を1000万円にした手法note」

 

「ビットコインで6000万円儲けた僕がオンラインサロンを始めます」

 

もうこの手のnoteやオンラインサロンの多いこと多いこと。でも悲しいかな、noteは売れまくって、オンラインサロンも大盛況だったんです。でも運だけで儲かったもんだから、別に投資方法なんて存在しないわけですよ。だって買ってほっといただけですからね。

 

そりゃすぐに化けの皮が剥がれて、苦情・クレーム・匿名掲示板晒しのオンパレードです。で、お金を払ってnote買ったりオンラインサロン入った人は口々にこう言うんです。「全然儲からなかった!詐欺だ!」と。対してnote販売者やオンラインサロン主はこう言います。「投資は自己責任wwwワロスwww養分乙www」と。

 

いやぁ清々しいまでのクズっぷりですねぇ

歴史は繰り返す

今年の4月に30万円台まで下落していたビットコインは、たった2ヵ月で120万円台に急上昇しました。その後また大きな下落で80万円台になったかと思いきや、本日また100万円台に返り咲きです。急激にボラティリティが出てくると一旦やめた人が戻ってくるので、またnoteやオンラインサロンが氾濫するんじゃないかと危惧しています。

 

これを機にビットコインを始めるのは別に止めませんが、始めるにあたって仮想通貨系の情報商材は絶対買わないようにしましょう。大抵の情報商材はネットで調べればわかることに作者独自の精神論的なものを付け加えたものが多いので、正直何の役にも立ちません。気になる方は「note 詐欺」でググれば、仮想通貨に限らずいくらでも面白い詐欺情報が確認出来ますよ。

 

まとめ

何か投資を始めるにあたって、何もわからない状態から始めるのは怖いと思います。でも今はネットで調べればいくらでも知りたいことが出てきます。そこから必要な情報だけをピックアップして、少しずつ勉強しながら小額で投資を始めていけば、もう立派な投資家です。今はグレートな投資家たちも、昔は誰もが初心者だったわけですからね。

 

最初から楽して儲けようという考えだと、簡単に詐欺にひっかかりますよ、奥さん。