つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【店頭?】証券会社選びは投資の第一歩【ネット?】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20190926233015j:plain

 

つみたてNISAを始めるにあたって、どこの証券会社にしようかな?と調べだすと、選択肢が多すぎて中々決まりません。ネットは気軽に調べられる反面、情報量が多すぎてどれが正解なのか悩んでしまいます。買い物をするにしてもその商品のレビューから入ってしまうので「お、これいいな」と思ったものでも、ネットでの評価が低いと買うのを躊躇うというネットショッピングあるある。

 

ネットか実店舗か

実店舗はメンタルが強くないと無理

金融商品選びはある意味「お金の相談」ですから慎重にいきたいところです。一番手っ取り早いのは相談窓口がある実店舗を持つ証券会社です。対面によるプロの相談は答えがすぐに返ってくるので安心感があり、何より自分で調べる必要がない。リアルな情報を得るという点では有効な手段だと思います。

 

しかし思い出してください。ゆうちょ銀行が高齢者へ投資信託の不適切な販売をしていたことを。かんぽ生命が高齢者へ不利益な保険の押し売り販売していたことを。

 

基本的に販売員はお客さんの幸せなんて望んでません。自分の成績第一です。若い人には営業トークが通用しにくいから、判断がおぼつかない高齢者を狙ってたわけですよ。こういうのが明るみになると、対面相談にめちゃくちゃ不信感抱きますよね。

 

私も何度か情報収集のために証券会社の実店舗まわったことありますが、まぁーもうね、話が上手いのよホントに。渡される資料もめちゃくちゃわかりやすくて段々その気になってきちゃうんですよ。「綺麗なお姉さんに声かけられてアンケート回答したらいつのまにか高額な壺を買わされてたてござる」じゃないですけど、巧みな話術はホントにヤバい。実店舗ヤバい、マジでヤバい。

 

冷やかし前提でいかないと契約までもってかれるぞ

 

ネットは気軽

実店舗だと販売員のアドバイス(不本意な後押しもある)を受けながら自分で決めますが、ネットは自分で調べて自分で決める自己完結型です。自由なタイミングで動けるので気楽に出来ますが、何せ自分のお金がかかっているのでとことん調べて納得しないと中々第一歩が踏み出せません。どうせやるなら失敗したくない、だって人間だもの。

 

これも いきもののサガ か

 

私はとりあえず評判のいいネット証券口座を開設しまくりました。多少面倒ではありますが、正直開設するだけならタダです。どこの証券会社も他社に顧客をとられないよう鎬を削って運営しているので、極端なババを引くことはほとんどないと思います。

 

たくさん開設しても使うのは最終的に1つじゃないの?って感じですが、各社ずっと同じサービスを展開していくとは限りません。競合が他の追随を許さない画期的な新サービスを展開した場合、その証券口座を開設してなかったらすぐに利用が出来ません。すぐに開設しようにも同じ考えの人が殺到するため、開設手続きが完了しないので「まだかよチクショウ!機会損失じゃん!」と悶々とした日々を過ごすことになります。

 

機会損失を防ぐ

具体的な例をあげますと「仮想通貨」の口座開設はバブル真っ盛りの時期はホントに遅かったです。各社取扱通貨に統一性がなく、満遍なく色々な通貨を売買するには複数口座の開設が必要でした。同時に3~4口座手続きをしましたが、最短で3週間、最長で1ヶ月半くらいかかりました。

 

そして待ってる間に爆益をあげる先駆者たちの話題。ビッグウェーブに乗りたいのに物理的に乗れないイライラ感。やっと開設できたと思ったらバブル終了、高値掴みからの奈落地獄で大爆損。仮想通貨あるあるです。

 

仮想通貨は極端な例ですが、いつ何がブームになるかわかりません。使う使わないは後で考えるとして、とりあえず準備をしておけば不測の事態に対応できます。迷ったら有名なネット証券を複数開設しておきましょう。備えあれば憂いなしです。