つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【今も大事だが】つみたてNISAを始める件について【老後も大事】

 

↓米国株ブログ人気ランキングはコチラ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

f:id:hayachinense:20190925213112j:plain

 

「長期で積み立てる分散型の投資」と言われて真っ先に思いつくのは、やはり「つみたてNISA」でしょう。どう考えても金融庁の報告書は不安を煽ってこれに誘導しているようにしか思えませんが、国が作った制度の中では比較的マシな部類です。有効活用しない手はありません。

 

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

メリット

今更説明するまでもありませんが、とりあえず年間40万円まで非課税というメリットはでかい。株やって利益が出た場合、所得税15.315%+住民税5%=20.315%の税金が課税されます。 100万の利益が出たら20万円くらいが税金でもってかれるんですよ?これをチャラにできるのは、ディ・モールト素晴らしい。

 

それから「いつでもやめられる」ってところもディ・モールト素晴らしい。緊急を要する出費があったときに投資分をすぐ現金化できるというのは安心感があります。資金が拘束されてると何かあったとき大変ですからね。

 

デメリット

リターンの裏にはリスクあり。デメリットは「原本割れ」、これにつきます。つみたてNISAで投資可能な「株式投資信託」と「上場投資信託(ETF)」は元本が変動する商品なので、こればっかりはリスクと捉えて割り切るしかないです。

 

メリットの「いつでもやめられる」は、やめたタイミングで元本を割ってる可能性がありえますので、裏を返せばデメリットとも言えます。貯金感覚でやると思わぬ損失が出てしまうことは否定できませんね。

 

つみたてNISAで2000万円の資産は作れる?

f:id:hayachinense:20190925231410j:plain

出典:金融庁ウェブサイト

 

金融庁の積立シミュレーターで計算しました。積立期間20年、積立金額は40万円を12ヶ月で割った額で毎月33333円、想定利回りは適当に調整して年利8.2%、でなんと2012.9万円達成!

うぉぉぉぉぉ!つみたてNISAしゅごい!800万円の投資が20年で2.5倍になるジャマイカ!よっしゃ!これはやらない手はない!速攻でつみたてNISA始めて、年利8.2%出せる投資信託で積立するのです!

 

という夢だったのさ

 

バブル経済だった1990年代の定期預金金利ですら6%ですよ。そして現在0.01%ですよ。そんな超低金利時代に8.2%を叩き出す投資信託があったら、みんな迷わず銀行預金全額おろしてぶち込んでます。まぁ過去50年の平均利回り9.7%なS&P500とかあるにはありますけど、同じ利回りを今後も出せるかどうかはわかりませんしね。でもくやしい・・・それでもつみたてNISAに惹かれちゃう・・!(ビクンビクン

 

取り急ぎ口座を開設

非現実な年利8.2%の投資先はさておき、現実的なラインは2〜3%、上手くいって5%くらいのようです。つまり、つみたてNISAだけで2000万円の資産は作れません。それでも銀行に眠らせるよりははるかにマシというか、資産運用の一環として十分すぎませんかね。リスクはありますけど、やる価値はありそうです。