つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

【貧乏】老後資金2000万円問題について【暇なし】

 

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

 

f:id:hayachinense:20190922232827j:plain

 

2019年6月3日、金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループの報告書「高齢社会における資産形成・管理」によれば、国民は老後までに2000万円用意しないとヤバイよヤバイよ!と報道されました。この「2000万円」というパワーワードは、報告書の内容を実際に読んでいない人々に誤って伝わってしまい、SNSなどではドッタンバッタン大騒ぎとなってしまいました。

 

2000万円問題

報告書を理解する

「年金がもらえないから、自前で2000万円貯金しろってこと?」

「定年前にそんなことを言われてもどうしようもないじゃないか」

「え?2000万円?何それ身代金?」

 

つまり・・・どういうことだってばよ?

 

兎にも角にも「2000万円」という言葉はそれだけでインパクトが大きかったわけですよ。悪意があるかどうかわかりませんが実際は偏向報道であり、2000万円というのは「1つのケース」としてあげられた金額です。すべての国民が老後までに2000万円用意しなければいけないわけではありません。報告書を要約すると、

 

●平均寿命が年々高くなっているから、長生きすると年金だけじゃ足りないよ。

●年金生活だと収入と支出で5万円くらい不足するよ。

●不足分を補うには、20年生きるなら約1300万円、30年で約2,000万円必要だよ。

 

現在の平均年金支給額は夫婦2人分で「22万円」です。それでも毎月5万円の赤字が出ているという統計結果なので、今回のような報告書になったというわけですね。つまり「贅沢せず支給された年金だけで慎ましく生活できるなら問題ない。しかし豊かな老後生活おくりたいなら2000万円用意しておくと大変よろしい」ってことですな。

 

年金は当てにしてはいけない

しかしながら、我々の代の年金はちゃんと支給されるのでしょうか?正直見通しは明るくありません。日本の年金財源はあと20年で枯渇すると言われてます。

 

現在の年金受給者を支えているのは現役世代であり、高齢化社会により年金受給者の数が現役世代を上回れば支えられなくなります。そうなったら「財源がないから支給できません」ってことも十分考えられます。

 

オィオィ、結局2000万円用意しないとダメじゃね?

 

備えあれば憂いなし

「どうしてこうなった!どうしてこうなった!」とならないために、やはり貯蓄は必須です。年金が支給されないという最悪のケースに備えて、お金はいくらあっても困りませんからね。具体的にいくらあれば安心かはわかりませんが、老後に備えて貯蓄・資産運用を考えることが今の国民に求められているのは確かでしょう。今回の2000万円問題は、ある意味「国からの警告」です。楽観視せずに対策を講じたいと思います。

 

YOU、2000万円貯めちゃいなよ