つみたてパラダイム

2000年問題ならぬ老後2000万円問題に抗うブログ

つみたてパラダイム

eMAXIS Slim米国株式

【2020年5月第5週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【25日~29日】

2020年5月30日現在、新型コロナウイルスによる死者数は世界で「36万人」となっており、そのうち米国での死者数は「10万人」を超えました。これは米国が絡んだ戦争4回分と同レベルの死者数であり、その内訳は「朝鮮戦争36500人+ベトナム戦争58000人+イラク…

【2020年5月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【18日~22日】

11月に控える米大統領選挙。再選を狙うトランプ大統領はコロナ問題に対して積極的な行動を起こしていますが、米国ではあまり評価されていないようです。景気失速による大量失業や中国への責任転嫁が問題視されており、コロナ初動の対応が遅れた事も併せて不…

【2020年5月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【11日~15日】

日本でもそうですが米国でもゲームの需要は凄まじく、外出自粛でなく「外出禁止」のためゲームがバカ売れ状態だそうです。2020年1~3月期のゲーム売上高は108億6000万ドル(約1兆1600億円)となっており、昨年同期から9%増です。家にいながら友達と遊べるオン…

【2020年5月第2週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【4日~8日】

武漢市民が感染に気づかず春節連休前に海外へ旅行にでかけた事で、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を引き起こした。よって中国は「賠償」するべきである。 4月下旬に米国のミズーリ州は中国を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしました。トランプ政権…

【2020年4月第5週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【4月27日~5月1日】

グーグルの調べによると、日本は4月7日の緊急事態宣言発令後の外出自粛要請から「人の移動」が半分程度となっており、コロナ感染拡大に効果ありと報告されています。先週も同程度の水準であり、SNSやニュースなどで外出している人が結構な頻度で叩かれていま…

【2020年4月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【20日~24日】

米国では新型コロナウイルスによる感染者が90万人、死者が5万人を超えたようです。中国を訪問した外国人を米入国禁止にしたのが2月上旬、欧州を入国禁止にしたのが3月中旬という対応でしたが、それでもこれだけ感染が拡大してしまったという事に恐怖を感じま…

【2020年4月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【13日~17日】

4月17日に安倍首相は「国民1人あたり10万円」の一律給付を実施すると発表しました。リーマンショック後の2009年に国民1人あたり12000円を支給しましたが、今回はそれを大幅に上回る額です。4人家族であれば40万円が支給されるという事で、コロナショックによ…

【2020年4月第2週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【6日~10日】

新型コロナウイルスに感染している人に近づいていたかどうかをスマホが警告する技術を、アップルとグーグルが手を組んで提供するそうです。iPhoneとアンドロイド携帯のユーザーが追跡の対象で、感染者がコロナ陽性であったことをデータとしてアプリに入力す…

【2020年4月第1週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【30日~3日】

東京都内で新たに118人が新型コロナウイルに感染している事が4日に確認されましたが、土日の不要不急な外出は控えるって話はどうなったんですかね。しかも感染経路が不明ときたもんだ。よくもまぁそんな状態の都内を気軽に闊歩出来るもんですね。 ていうかそ…

【2020年3月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【23日~27日】

外出自粛要請により各地のスーパーで買い占めが行われている事はTwitterですでに知っていましたが、休日にまとめ買いしている身としては「コイツも買い占めか」と思われるのがツライところです。私は「買い占め」じゃなくて「まとめ買い」だっつーの。 とは…

【2020年3月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【16日~20日】

ニューヨーク州で外出制限命令が出された米国では、新型コロナウイルスによる感染者が20日現在15219人となっており、かなりの勢いで全土に広がっています。警察や医者など一部の業種以外は午後8時以降自宅から出てはいけないという命令まで出ており、事態は…

【2020年3月第2週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【9日~13日】

新型コロナウイルスは米国でも猛威を振るい始め、感染者数は13日時点で1678人、死者は41人と発表されました。感染者数が多い州はニューヨーク州の421人が最多で、続いてワシントン州の420人となっております。トランプ大統領は入国禁止対象国に英国とアイル…

【2020年3月第1週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【2日~6日】

新型コロナウイルス感染症まとめによると、3月8日時点で国内の感染者数は461人で死亡者数は6人、国外の感染者数は100823人で死亡者数は3474人という統計データが出ました。トータル感染者数101284人に対してトータル死亡者数3480人なので、感染→死亡の割合は…

【2020年2月第5週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【24日~28日】

痛いのは嫌なので防御力に極振りしているグローバル3倍3分法が大変な事になっていたので、防御を捨てて攻撃に特化したeMAXIS Slim米国株式(S&P500)はさぞかしヤバい状態になっているんだろうなぁと思ってたら、案の定ヤバかったです。 お前が出てきたから大…

【2020年2月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【17日~21日】

S&P500は先週の穏やかな動きから一転して大波乱の週となりました。理由は言わずもがな、新型コロナウイルスです。もはや世界経済はこのウイルスに支配されており、早く何とかしないと延々とウイルスの話題ばかりになってしまいます。とりあえず困ったら新型…

【2020年2月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【10日~14日】

楽天証券でつみたてNISAをやってはいるものの、最近気になるのは楽天自体の評判がすこぶる悪い事です。送料無料化を巡るいざこざで公取の立ち入り検査を受けたり、その影響で8年ぶりに最終赤字に転落していたりと悪い話しかありません。楽天はBtoCは強いんで…

【2020年2月第2週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【3日~7日】

本日はとても良い天気でしたが、久々に家から出ませんでした。日差しはあるものの連日の冷え込みが厳しくて外出が億劫になり、日曜くらいは別にいいかとダラダラと過ごしてました。最近休日は昼寝する事が多くなっているので、もしかしたら疲れが溜まってい…

【2020年1月第5週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【27日~31日】

ようやくマスクが買えました。流石に土日で入荷してなければ布製マスクの購入に踏み切るところでしたが、とりあえずこれで3ヵ月はやり過ごせそうです。ちょうどスギ花粉が飛散し始めているという話も出てきたので良いタイミング。私の花粉センサーはまだ反応…

【2020年1月第4週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【20日~24日】

日本国内で4例目の新型コロナウイルス感染者が出たようです。感染力はそんなに高くないという話でしたが、1人の患者から15人の医療従事者に感染したという事例が出ており、普通にヤバイんですけど状態になりつつあります。外出する際はマスクをして帰ったら…

【2020年1月第3週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【14日~17日】

そろそろ一年で一番寒い1月下旬~2月初旬を迎えます。朝方の冷え込みが半端ないので全身ヒートテック装備で最近は寝ているのですが、それでも朝方早い時間に寒くて目が覚めてしまいます。最終形態は寝袋なんですが、身動きと疲れが取れないという諸刃の剣な…

【2020年1月第2週】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の週間推移【6日~10日】

昨年からの予定通り、今年からつみたてNISAを開始する事になりました。令和2年度税制改正大綱で、勘定設定期間が2037年12月31日から2042年12月31日までとなり、5年延長される事が決まったので安心して始められます。一応現段階では2023年までに始めれば非課…

【執拗な】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)がネット販売ランキングで躍進【コスト追従】

SBI証券・マネックス証券・ソニー銀行・auカブコム証券・楽天証券・フィデリティ証券のネット証券会社6社での11月販売ランキングで、S&P500に連動するインデックス投資信託「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」が大きく躍進しました。楽天証券ではランキングの常…

【よろしい】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げ【ならば戦争だ】

なんということでしょう。SBI・バンガード・S&P500に完全にお株を奪われたeMAXIS Slim米国株式(S&P500)が、ようやく信託報酬の引き下げを実施してきました。どうやら執拗に追従するというコンセプトに偽りはなかったようで、やれば出来る子を証明してきまし…